広告




桃源暗鬼 漫画感想・レビュー(ネタバレあり)

『桃源暗鬼』104話「到着」の感想(※ネタバレ注意)

投稿日:

『桃源暗鬼』104話「到着」の感想(※ネタバレ注意)


今回は『桃源暗鬼』
104話「到着」
の感想をお送り致します。

※ご注意
これはあくまでも感想でございます。
内容は「ネタバレ」を目的とするものではございません。
ですが感想の中にやむを得ずネタバレを含んでおります。
また極力セリフの引用を避けるよう注意しております。
ご了承のうえご覧頂くようお願い致します。

※昨今の状況を鑑み、これまでとスタイルを変えて
あくまでも「感想」としてお送り致します。

あらすじなんですが、
鬼國隊(きこくたい)の鳥飼(とりかい)が研究所を探ろう
としますがダメージで気を失ってしまします、
そして鬼國隊・蛭沼(ひるぬま)と桃太郎副隊長・久望(くも)
の戦い。蛭沼は煙を操る久望の攻撃で右腕を失ってしまう
というところです。
そして、その蛭沼灯(ひるぬまあかり)が起き上がり、
久望(くも)の口に手を入れ、胃の中にヒルを大量に
入れます。これはきもいですね~!
実は吹き飛ばされた腕はヒルで作った義手だったとのことです。
元々両腕が無いんだそうです。
ヒルで腕なんか作れるんですね、便利です。
久望(くも)の胃にいるヒルは毒性だ、と言い
情報を聞き出そうとしますが、久望(くも)は
何も情報が無いようです。
そこで話に食いつかせて解毒させようとしますが
情報が無い事を蛭沼(ひるぬま)に気づかれて
ヒルが胃の中で膨らみ、久望(くも)は胃が爆発し
死亡します。
毒というより、ヒルがデカくなって腹を破った、
という感じですね。。
蛭沼(ひるぬま)に乙原響太郎(おとはらきょうたろう)から
連絡があり、鳥飼を回収するよう依頼されます。
一方、四季たちは研究所の近くに集合しています。
無陀野(むだの)は、鬼國隊含め十数人で行く、
と言います。
しかし、偵察用のドローンが飛んでいて四季たちは
見つかってしまいます。
さあどうなる?というところです。
ヒルの能力者といえば、「ハンターハンター」
にそういうキャラがいましたね…と思いだしました。
さて次回は?
◆鬼國隊のやり方を知った矢颪(やおろし)は?
です。

[広告]オススメまんが記事

[PR]まんが読み放題のサービス

U-NEXTで「ザ・ファブル」や「外道の歌」が読めます!
U-NEXTなら全作品でポイントを使用して購入可能! 登録時に貰える
600ポイントを使用して、最新コミックがすぐ読める!
【特典1】見放題作品130.000本31日間無料! 【特典2】加入特典で300円分ポイントプレゼント!

[PR]まんが買取サイト

「外道の歌」10巻(単行本)のネタバレ・感想

運営者/執筆者

■運営者/執筆者:ニョッキー

…漫画家もやっています。…といっても原作志望のド素人の漫画家です。絵はヘタクソです。
ですが読む方は40年以上まんがを読んでおり「漫画オタク」と言って良いと思います。
「漫画オタク」そして「漫画家」の視点で感想・レビューを書いております。
皆様も是非口コミ投稿を宜しくお願い致します。

-桃源暗鬼, 漫画感想・レビュー(ネタバレあり)

Copyright© まんが買取NAVI-マンガの感想・レビューや漫画買取情報- , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述