広告




外道の歌 漫画感想・レビュー(ネタバレあり)

外道の歌98話(ヤングキング10号)の感想…鶴巻が今野を!

投稿日:

外道の歌話(ヤングキング10号)

◆誘われるように、導かれるようにそこへ辿り着いた。運命の車輪が廻りだす---
◆瞳に宿るは…

◆12号(5月24日発売)につづく

外道の歌の感想

今野智夏が働くメイド喫茶に客として通う鶴巻。
鶴巻は今野を「ちぃたん」と呼んでおり、プレゼントを渡す為に仕事終わりを待つ。
すると今野は3人の男に囲まれていた。
拉致されるところを鶴巻が助け出す。
男たちは鶴巻を東京支部の者であることに気づく。
鶴巻は今野を連れ出し加世子に相談する。
加世子が鶴巻に話を聞くと、鶴巻はプライベートで今野の店に通っていた今野のファンだった。
そして偶然の流れで加世子の所に連れて来たのだった。
加世子は東京支部a支部長(会長)に相談する。
会長選挙の条件クリアには、3名中2名の確保と、確保した人物を期間中身柄を守る事が条件。
つまり加世子たちは今野を守らなければならない。
と言っている矢先に今野が逃げてしまった。
一方、國松の家。
國松は自分の過去を話す。
中流家庭だったが、親が闇金に金を借りて一家離散した。
「その闇金は興劉会の?」と聞かれた國松は否定するが、その瞳は何を想うか…?
とここまでが今回の話。
まさか鶴巻が個人的に今野のファンで知り合いだったとは。。。
今野みたいなのが好きなんですね。。
前回のラストでは、てっきり、加世子の指示で今野を探し当てた、と思っていました。
東京支部a支部長(会長)が加世子に「今野と面識ある」2人の人物を紹介しようとしていましたが、これは間違いなく
「園田の歌」に登場するヘルペス達ですよね?ということは「園田の歌」の中でこの2人が死ぬ事はないということですね。。
そしラスト、國松の親が借りた闇金が興劉会関連と言うことを否定していましたが、ラストのコマのあの表情は、関係ありそうですね。。
となると、復讐ということなのか…?國松にも興味が出ますね。

渡邊ダイスケ先生

外道の歌の動画


【まんが】外道の歌VSザ・ファブル(カモVS明)

[広告]オススメまんが記事

[PR]まんが読み放題のサービス

U-NEXTで「ザ・ファブル」や「外道の歌」が読めます!
U-NEXTなら全作品でポイントを使用して購入可能! 登録時に貰える
600ポイントを使用して、最新コミックがすぐ読める!
【特典1】見放題作品130.000本31日間無料! 【特典2】加入特典で300円分ポイントプレゼント!

[PR]まんが買取サイト

「外道の歌」10巻(単行本)のネタバレ・感想

運営者/執筆者

■運営者/執筆者:ニョッキー

…漫画家もやっています。…といっても原作志望のド素人の漫画家です。絵はヘタクソです。
ですが読む方は40年以上まんがを読んでおり「漫画オタク」と言って良いと思います。
「漫画オタク」そして「漫画家」の視点で感想・レビューを書いております。
皆様も是非口コミ投稿を宜しくお願い致します。

-外道の歌, 漫画感想・レビュー(ネタバレあり)

Copyright© まんが買取NAVI-マンガの感想・レビューや漫画買取情報- , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述