広告




漫画感想・レビュー(ネタバレあり) 漫画最終話ネタバレ

【衝撃の最終回】漫画「ライアーゲーム(LIAR GAME)」最終回の感想(※ネタバレ注意)

投稿日:


今回は【衝撃の最終回】の漫画として
「ライアーゲーム(LIAR GAME)」の感想をお話したいと思います。

※ご注意
これはあくまで感想でございまして、「ネタバレ」を
目的とするものではありません。
ただ、感想のなかでどうしてもネタバレが含まれてしまいます。
ご了承のうえご覧ください。

『LIAR GAME』(ライアーゲーム)は、甲斐谷忍先生の作品でヤングジャンプで連載されました。

アマゾンには
ある日突然送られてきた小包。その中には「おめでとうございます。あなたは10万分の1の確率をくぐりぬけ、ライアーゲームにエントリーされました」という手紙と、現金1億円が同封されていた。それがライアーゲームのスタートだった。30日後のゲーム終了日に、自分の所持金1億円を返還する。ルールはそれだけ。首尾よく対戦相手の所持金を奪うことのできた勝者は1億円を手にし、敗者は1億円の負債を背負う…。誰を信用すべきなのか、誰を信用してはいけないのか…。大金を前に揺れ動く、人間心理を描破した問題作!(Amazonより)
とあります。

約10年続いた連載ですが、後半はゲームがやや雑になっていったようです。
最終巻の内容は、ライアーゲームが終わり主人公たちが解放されます。
「ライアーゲーム続行を断念 ライアーゲーム事務局の全面敗北を宣言します」
ということが告げられます。
喜ぶ参加者たち。
しかし、「巨大な闇の組織」というものが登場します。
秋山深一は「闇は俺たちの想像より遥に深いってことだ」
と言い、神崎直が「…そ そんな…」とつぶやきます。
そして
「LIAR GAME 完」
と出て終わります。

この最後を見ると打ち切りっぽいですが、2007年にテレビドラマ化されて
2014年には韓国でリメイクドラマが制作もされたほどの人気作品です。
打ち切りとも思えませんが。。なんとももやもやする終わり方ですよね。

[広告]オススメまんが記事

[PR]まんが読み放題のサービス

U-NEXTで「ザ・ファブル」や「外道の歌」が読めます!
U-NEXTなら全作品でポイントを使用して購入可能! 登録時に貰える
600ポイントを使用して、最新コミックがすぐ読める!
【特典1】見放題作品130.000本31日間無料! 【特典2】加入特典で300円分ポイントプレゼント!

[PR]まんが買取サイト

「外道の歌」10巻(単行本)のネタバレ・感想

運営者/執筆者

■運営者/執筆者:ニョッキー

…漫画家もやっています。…といっても原作志望のド素人の漫画家です。絵はヘタクソです。
ですが読む方は40年以上まんがを読んでおり「漫画オタク」と言って良いと思います。
「漫画オタク」そして「漫画家」の視点で感想・レビューを書いております。
皆様も是非口コミ投稿を宜しくお願い致します。

-漫画感想・レビュー(ネタバレあり), 漫画最終話ネタバレ

Copyright© まんが買取NAVI-マンガの感想・レビューや漫画買取情報- , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述