広告




外道の歌 漫画感想・レビュー(ネタバレあり)

漫画「外道の歌」106話の感想(※ネタバレ注意)…逆口拓の圧倒的な力!

投稿日:

外道の歌の感想

あおりは
◆変わり果てた姿に…
です。
興劉会の栢山が拷問されています。
顔がボコボコにされていて太ももは根性焼きでしょうか?
続いて唇をハサミで切られます。
ここで栢山は「俺がやった」と言ってしましますが、
続いて指先をドリルで貫かれます。
そしてどうやら殺されたと思われます。
私の体感ですが、「外道の歌」ひさびさに強烈な残酷描写が出ました!
唇を切ってきまうとはかなり強烈です!
國松のところにも栢山の情報が流れます。
桜内は工場長がはめられた件について「國松さん?」
と聞きます。國松は「どう思うね?」
と返します。
桜内は徐々に國松に対し不信感を持っているように感じます。
一方で京都支部長が加世子に電話して、
「逆口を捕らえた。取引次第で引き渡す」と持ち掛けます。
その条件とは「一戦つきおうてや」というものです。
まあ、エロいことなんでしょうね。。
加世子は「考えさせて」と返事します。
その逆口ですが、
後ろ手に手錠をはめられていて3人の男に見張られています。
逆口がまず口に含んだ楊枝をとばし男の目をつぶします。
そして腕を前に回します。
「肩甲骨の円運動で血中から筋肉 骨にかけて波を作り出す」
とあります。
そして手錠の鎖をちぎり、靴のつま先からナイフを出現させます。
からの、飛び蹴りで男の喉を切り裂きます!
まさしく漫画「殺し屋1」みたいなギミックと技です。
そして京都支部長と対面します。
京都支部長は注射器を自分の首に打とうとしますが、
その前に首を掴んで窓ガラスにぶつけます。
逆口が「死にたくなかったら歌を歌ってみろ」と言い
京都支部長は歌を歌うのですが、殺されてしまいます。
あおりは
◆全てが無に帰す圧倒的な力。
逆口を拘束するのに手錠だけというのは甘すぎますよね。
服着せたままで靴の仕込みもチェックしてなかったし。
興劉会の拷問のほうがプロでしたね。
逆口が即両手切断くらいしとかないと。。
今回、かなりバイオレンス描写が多く面白く盛り上がってきました!
そして次回なんですが、
次号(1月8日発売)につづく
とのこと!今年ほぼ月一連載だったのに2週間後に読めます!

[広告]オススメまんが記事

[PR]まんが読み放題のサービス

U-NEXTで「ザ・ファブル」や「外道の歌」が読めます!
U-NEXTなら全作品でポイントを使用して購入可能! 登録時に貰える
600ポイントを使用して、最新コミックがすぐ読める!
【特典1】見放題作品130.000本31日間無料! 【特典2】加入特典で300円分ポイントプレゼント!

[PR]まんが買取サイト

「外道の歌」10巻(単行本)のネタバレ・感想

運営者/執筆者

■運営者/執筆者:ニョッキー

…漫画家もやっています。…といっても原作志望のド素人の漫画家です。絵はヘタクソです。
ですが読む方は40年以上まんがを読んでおり「漫画オタク」と言って良いと思います。
「漫画オタク」そして「漫画家」の視点で感想・レビューを書いております。
皆様も是非口コミ投稿を宜しくお願い致します。

-外道の歌, 漫画感想・レビュー(ネタバレあり)

Copyright© まんが買取NAVI-マンガの感想・レビューや漫画買取情報- , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述