広告




キャプテン2 漫画感想・レビュー(ネタバレあり)

漫画「キャプテン2」42話「去年と同じシチュエーション」の感想(※ネタバレ注意)

投稿日:

漫画「キャプテン2」42話「去年と同じシチュエーション」の感想(※ネタバレ注意)


今回は漫画「キャプテン2」
42話「去年と同じシチュエーション」
の感想をお送り致します。

※ご注意
これはあくまでも感想でございます。
内容は「ネタバレ」を目的とするものではございません。
ですが感想の中にやむを得ずネタバレを含んでおります。
また極力セリフの引用を避けるよう注意しております。
ご了承のうえご覧頂くようお願い致します。

※昨今の状況を鑑み、これまでとスタイルを変えて
あくまでも「感想」としてお送り致します。

冒頭からびっくりですね、5回表の時点で10-0になっています!
この回抑えれば墨谷のコールド勝ちです。
墨谷は1年半前にボロ負けした谷原を相手に、
実力差が逆転したようです。
墨谷の実力がそれだけアップしたということですね。
ここでピッチャーが近藤、キャッチャー井口に変わります。
「1年ピッチャー」「左のキャッチャー」となると
当然谷原の監督もなめるな!と怒ります。
ここで井口が近藤にアドバイスします。
1年前似た様な状況でいい所を見せようとして
満塁ホームランを打たれた。
イガラシと張りあっていたためで、しかしその結果成長できた。
近藤はそういうライバルがいなくても一人で成長できた
ので大人だ、と言います。
たしかに近藤は墨谷に入ってからなんだかんだしごかれながらも
先輩についていって練習してきましたね。
高一で、しかもあの近藤なのにこれは確かに大人です。
そして井口もずいぶん大人になりましたよね。
この二人が一番の問題児だったのに。
そして試合再開して投球してみると、きっちりと
狙ったところに球が行ってます。
そしてライトフライに打ち取ります。
きわどい打球でしたら交代で入った片瀬がダイビングキャッチしました。
片瀬も1年前は不安な守備でしたが、信頼できる守備力に成長しました。
近藤は次の打者に狙って高めのボールを投げ、
空振り三振に打ち取ります。
あと一人となりました。このままコールド勝ちできるのでしょうか?
谷原の監督が言ってましたが、継投しましたがパーフェクトらしいです。
ここはこのまま勝ちそうですね。。
次回ですが、
◆勝利寸前の勢いはすごい!「口の悪いやつら」の巻だそうです!

[広告]オススメまんが記事

[PR]まんが読み放題のサービス

U-NEXTで「ザ・ファブル」や「外道の歌」が読めます!
U-NEXTなら全作品でポイントを使用して購入可能! 登録時に貰える
600ポイントを使用して、最新コミックがすぐ読める!
【特典1】見放題作品130.000本31日間無料! 【特典2】加入特典で300円分ポイントプレゼント!

[PR]まんが買取サイト

「外道の歌」10巻(単行本)のネタバレ・感想

運営者/執筆者

■運営者/執筆者:ニョッキー

…漫画家もやっています。…といっても原作志望のド素人の漫画家です。絵はヘタクソです。
ですが読む方は40年以上まんがを読んでおり「漫画オタク」と言って良いと思います。
「漫画オタク」そして「漫画家」の視点で感想・レビューを書いております。
皆様も是非口コミ投稿を宜しくお願い致します。

-キャプテン2, 漫画感想・レビュー(ネタバレあり)

Copyright© まんが買取NAVI-マンガの感想・レビューや漫画買取情報- , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述