広告




外道の歌 漫画感想・レビュー(ネタバレあり)

漫画「外道の歌」110話の感想(※ネタバレ注意)…トラの決断…。

投稿日:

今回は漫画「外道の歌」110話の感想をお話します。

※ご注意
これはあくまでも感想でございます。
内容は「ネタバレ」を目的とするものではございません。
ですが感想の中にやむを得ずネタバレを含んでおります。
また極力セリフの引用を避けるよう注意しております。
ご了承のうえご覧頂くようお願い致します。

あおりは
◆島田虎信、漆黒の過去と
対峙する時…。
◆求め彷徨い、ただひたすらに渇望したモノ…
一歩づつ近づくその影は---
です。

トラの母親が事故で亡くなる原因となったのは
桜内の弟でした。
トラは桜内の弟の部屋に忍び込み、
桜内の弟に殴りかかります。
一方、國松は五月女を興劉会に誘います。
そしてトラですが数発殴って
首をしめているところで、桜内が止めに入ります。
トラは、弟が母親を殺した、という事を桜内に話します。
桜内はトラに土下座をして謝ります。
桜内の脳裏にはカモの妻と子がよぎります。
トラは仕込みナイフを出し、弟の首を
斬ろうとします。
しかしトラの母親がトラの腕を掴んで止めている
イメージが。。。
トラは弟を殺すことをやめて出ていきます。
ここまでが今回の話です。
あおりは
◆佇み一人、降る雨は…
です。
トラはぎりぎりの所で、母親のかたきを
殺さないで終わりました。
普通のドラマなら、
「人殺しにならないでよかったね」
となるのですが、トラは直接ではないにしても
多くの人を殺していますからね。
では、弟を殺さなかったことが今後
何に繋がるのかというと、
桜内だと思います。
桜内は今回、トラがカモの店で働いていた事を
思い出しました。
つまりトラがもし弟を殺していたら、
桜内とカモは敵対し殺しあうことになるでしょう。
しかしトラが弟の命を見逃したことによって、
桜内はトラ、カモに借りができました。
もちろん桜内は国松グループですが、
今後動きが変わってくるかもしれません。
次回は…
次号(4月11日発売)につづく
です。

[広告]オススメまんが記事

[PR]まんが読み放題のサービス

U-NEXTで「ザ・ファブル」や「外道の歌」が読めます!
U-NEXTなら全作品でポイントを使用して購入可能! 登録時に貰える
600ポイントを使用して、最新コミックがすぐ読める!
【特典1】見放題作品130.000本31日間無料! 【特典2】加入特典で300円分ポイントプレゼント!

[PR]まんが買取サイト

「外道の歌」10巻(単行本)のネタバレ・感想

運営者/執筆者

■運営者/執筆者:ニョッキー

…漫画家もやっています。…といっても原作志望のド素人の漫画家です。絵はヘタクソです。
ですが読む方は40年以上まんがを読んでおり「漫画オタク」と言って良いと思います。
「漫画オタク」そして「漫画家」の視点で感想・レビューを書いております。
皆様も是非口コミ投稿を宜しくお願い致します。

-外道の歌, 漫画感想・レビュー(ネタバレあり)

Copyright© まんが買取NAVI-マンガの感想・レビューや漫画買取情報- , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述