広告




BUNGO(ブンゴ) 漫画ネタバレ

BUNGO(ブンゴ)239話「閃き」のネタバレ・感想

投稿日:

BUNGO(ブンゴ)話のネタバレ

▼BUNGO(ブンゴ)のストーリーは以下の通り。
◆トドメの一球ー!
マイケルの球は、パラシュートチェンジだった!
通常のパラシュートチェンジなら、右打者でえれば近づいてくるボールなのでそれほど脅威ではない。
しかしマイケルは違った。球速が125キロにまで落ちている!
しかし野田のスイングは止まらない!野田は全身にブレーキをかけて、なんとかファールにした。
ストレート、高速チェンジ、パラシュートチェンジ…普通の中学生ならマイケルを打てる道理が無い。
野田が今のスイングを振り返ると、頭の中に閃光が走った!野田は、この感覚が正しいなら打てない投手などいねえ、と打席に立つ。

◆次号、野田が新境地へとー!

BUNGOの感想

まんがネタバレちゃん
まんがネタバレちゃん
まずはマイケルがパラシュートチェンジを見せる。左打者からしたら、逃げながら進む軌道、右打者からしてもブレーキがきいていてボール球でも振らされる。
非常にレベルの高いボールで、マイケルは中学生には打てない、という印象を持たせていました。
しかし野田も、そのパラシュートチェンジを、身体能力と頭をフルに使い、上手くファールで逃げた。この事が自信になったのか、身体の使い方が良かったのか、打撃の大きな感覚を掴んだようですね。
こういうことはスポーツではありますよね。
一度何かのきっかけでコツを掴むと飛躍的に技術が伸びる、という事が。
野田は「覚醒した」と言って良いでしょう。
次号、野田はマイケルを打つのか!?

[広告]オススメまんが記事

[PR]まんが読み放題のサービス

U-NEXTで「ザ・ファブル」や「外道の歌」が読めます!
U-NEXTなら全作品でポイントを使用して購入可能! 登録時に貰える
600ポイントを使用して、最新コミックがすぐ読める!
【特典1】見放題作品130.000本31日間無料! 【特典2】加入特典で300円分ポイントプレゼント!

[PR]まんが買取サイト

「外道の歌」10巻(単行本)のネタバレ・感想

運営者/執筆者

■運営者/執筆者:ニョッキー

…漫画家もやっています。…といっても原作志望のド素人の漫画家です。絵はヘタクソです。
ですが読む方は40年以上まんがを読んでおり「漫画オタク」と言って良いと思います。
「漫画オタク」そして「漫画家」の視点で感想・レビューを書いております。
皆様も是非口コミ投稿を宜しくお願い致します。

-BUNGO(ブンゴ), 漫画ネタバレ

Copyright© まんが買取NAVI-マンガのネタバレや漫画買取情報- , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述