広告




ワールドトリガー 漫画感想・レビュー(ネタバレあり)

ワールドトリガー213話「遠征選抜試験11」(ジャンプSQ2021年10月号)の感想

投稿日:

ワールドトリガー-アイコン

ワールドトリガー213話「遠征選抜試験11」のあおりと次回予告

◆修の手腕が試される
◆11月号につづく

ワールドトリガーのレビュー・感想

諏訪は「戦闘シミュレーション演習」について修に話します。
これは他の部隊と1対1で戦い、1日10試合行うものです。
そこで使う「駒」の性能は隊員の能力に準ずる、つまり
「修は弱い」ということになります。
諏訪はレイジに話を聞いて修の良いところも知っているとフォローしますが、
修の長所である戦術を「戦闘シミュレーション演習」では使えない可能性もあり、
苦戦すると予想します。それをふまえて「へこむなよ」と助言します。
修は「香取が怒りそう」と心配します。
諏訪は「エースは香取」と認め、課題の成績がトップと話します。
香取は頭も良かったのか!驚きですね。
しかし修はいちいち香取のことを気にしますね。
これは好きなんですね!(笑)
諏訪は修がトリオン切れを起こした時の冷静な対処を評価します。
諏訪は遠征選抜試験に入って優秀さを見せています。
わりと頭が良いし気遣いもできるんですね。
風間も「仕切りと段取りは得意」と評価してましたし。
今まで年齢のわりに弱くて少しかわいそうに思っていましたが、
見直しましたね。上層部も評価するでしょうし、将来幹部になるかもしれませんね。
そして朝。朝食を食べ洗濯。
若村隊は「カンニングをするかどうか」について話し合います。
結局若村は「責任とれない」と言い真面目にやることになります。
もちろん字の読めないヒュースは引き続きマオリに頼みますが。。
諏訪隊では課題の前に、「戦闘シミュレーション演習」のデータを共有。
ユニットが表示されます。
「閉鎖環境試験2日目開始」
というのがここまでの話です。
諏訪の話の時の挿入で「レイジたちの飲み会」の様子が見れました。
メンバーは
・レイジ
・諏訪
・雷蔵
・マオリ※たぶん
だったようです。こういうちょっとした情報が楽しみですよね。
修の基本ユニットは
・諏訪
・修
・隠岐
・香取
が2対づつ。
そして「ヘルプユニット」が
・風間
・当麻
・出水
・太刀川
※たぶん
です。この駒をどう修が使うのか?諏訪の予想どおり苦戦するのか?
というのが次回の注目となりそうですね!

[広告]オススメまんが記事

[PR]まんが読み放題のサービス

U-NEXTで「ザ・ファブル」や「外道の歌」が読めます!
U-NEXTなら全作品でポイントを使用して購入可能! 登録時に貰える
600ポイントを使用して、最新コミックがすぐ読める!
【特典1】見放題作品130.000本31日間無料! 【特典2】加入特典で300円分ポイントプレゼント!

[PR]まんが買取サイト

「外道の歌」10巻(単行本)のネタバレ・感想

運営者/執筆者

■運営者/執筆者:ニョッキー

…漫画家もやっています。…といっても原作志望のド素人の漫画家です。絵はヘタクソです。
ですが読む方は40年以上まんがを読んでおり「漫画オタク」と言って良いと思います。
「漫画オタク」そして「漫画家」の視点で感想・レビューを書いております。
皆様も是非口コミ投稿を宜しくお願い致します。

-ワールドトリガー, 漫画感想・レビュー(ネタバレあり)

Copyright© まんが買取NAVI-マンガの感想・レビューや漫画買取情報- , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述