広告




漫画感想・レビュー(ネタバレあり)

【橋本環奈主演映画】漫画「バイオレンスアクション」の感想・紹介!(※ネタバレ注意)

投稿日:

【橋本環奈主演映画】漫画「バイオレンスアクション」の感想・紹介!(※ネタバレ注意)


今回はおすすめ漫画として
「バイオレンスアクション」を紹介
したいと思います。

※ご注意
これはあくまでも感想でございます。
内容は「ネタバレ」を目的とするものではございません。
ですが感想の中にやむを得ずネタバレを含んでおります。
また極力セリフの引用を避けるよう注意しております。
ご了承のうえご覧頂くようお願い致します。

『バイオレンスアクション』は、原作:沢田新、
作画:浅井蓮次による漫画作品でございます。
漫画配信サイト『やわらかスピリッツ』にて連載中でございます。
2022年、橋本環奈主演で実写映画となりました。
主人公はケイという女の子で、この子が殺し屋であり、
作品名どおりバイオレンスアクションをする、というのが特色です。
ケイちゃんはとにかく強いです。
素手、ナイフ、銃どれも相当な腕前です。
例えば、ジャンプしながら相手の頭に当てるなんて軽々できます。
このケイちゃんの所属している組織が
「ぷるるん天然娘特急便」という、デリヘルに偽装した組織で、
女の子の殺し屋だけが所属している組織です。
登場する主人公たちが可愛い女の子なのに対して、
依頼人やターゲットなどの描写は非常にバイオレンスで非情に描かれています。
この、淡々描かれている暴力というのが魅力です。
また、敵キャラクターも個性的で、
中でもみちたかくんは本当に恐ろしく強烈です。
男尊女卑で女性や老人に対しも容赦が無く、
武器にネイルガンを使ったりする所なんかは
映画「ノーカントリー」の殺し屋「シガー」を思わせます。
ケイちゃんは激しい戦いの中でもマイペースで、
簿記の勉強をしたり、笑えるシーンもあります。
このあたりの緊張と緩和も、面白いですね。
作者の沢田先生は、後に漫画家の室井大資先生である
ことが公開されました。私は「ブラステッド」
という作品を持っていて、これも殺し屋とのバイオレンス作品です。
共通点のある作品であり、おすすめです。

[広告]オススメまんが記事

[PR]まんが読み放題のサービス

U-NEXTで「ザ・ファブル」や「外道の歌」が読めます!
U-NEXTなら全作品でポイントを使用して購入可能! 登録時に貰える
600ポイントを使用して、最新コミックがすぐ読める!
【特典1】見放題作品130.000本31日間無料! 【特典2】加入特典で300円分ポイントプレゼント!

[PR]まんが買取サイト

「外道の歌」10巻(単行本)のネタバレ・感想

運営者/執筆者

■運営者/執筆者:ニョッキー

…漫画家もやっています。…といっても原作志望のド素人の漫画家です。絵はヘタクソです。
ですが読む方は40年以上まんがを読んでおり「漫画オタク」と言って良いと思います。
「漫画オタク」そして「漫画家」の視点で感想・レビューを書いております。
皆様も是非口コミ投稿を宜しくお願い致します。

-漫画感想・レビュー(ネタバレあり)

Copyright© まんが買取NAVI-マンガの感想・レビューや漫画買取情報- , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述