広告




プレイボール2

プレイボール2・94話「谷口の親孝行のカタチ」の感想

投稿日:

プレイボール2 1-10巻 新品セット

新品価格
¥5,280から
(2021/2/3 12:01時点)

プレイボール2・94話のあおりと次号予告

◆次の世代へ---
◆高校野球生活を終えた谷口と倉橋。次世代の新チームに向けて、二人の想うところは----

◆何も気にする必要は無い。キャプテンを受け継ぐのは、墨谷二中のあの時と同じく----
◆次号10号は、共通一次を終えて雪の降る街を歩く倉橋ともうひとりの人物。「そのアイデアは却下する」の巻

プレイボール2の感想

谷口、倉橋は後輩たちにノックをする。半田がノックを受ける。
その後倉橋と谷口は半田の成長を評価する。レフトに移動した半田は上達した守備力を見せる。
一方、打撃も上達した。谷原の村井からヒットを打ったことを倉橋は評価する。
新チームのキャプテンの話になり、谷口は半田がいいと思う、と言う。
その頃鈴木や加藤は丸井にキャプテンの話をするが丸井は「編入生だから」と遠慮する。
グラウンドに静岡の新聞社が取材に来る。倉橋は「昨日は栃木の新聞社が来た」という。
部長に呼び出された谷口。
部長は谷口に「受験してくれよ」と受験をすすめる。
大学に入って見聞を広げても良い、という考えだ。
しかし谷口は「受験はしない」ときっぱり断る。
谷口は丸井を呼び出し二人で話をする。
丸井は半田は成長した、と半田をすすめる。
しかし谷口は半田を副キャプテンとして考え、丸井をキャプテンにしたい意向を話す。
谷口は自分が墨谷二中の転校生だった、と話し、丸井を説得する。
ここまでが今回の話。
まずは半田ですね。あんなに守備もバッティングも上手くなっているとは!
なんならヘタなのが個性だった半田がねえ。。元々真面目だし分析もしていたのでプレーが上手ければキャプテンをしてもおかしくはない。
ただ半田はリーダーシップはないと思います。
それに「キャプテン」の世界観では丸井がキャプテンにならないといけないと思います。
そこで出た谷口さんの結論は納得ですね!
半田副キャプテン、丸井キャプテン。
そして回想で出た転校生の谷口さん。。。懐かしい。

[広告]オススメまんが記事

[PR]まんが読み放題のサービス

U-NEXTで「ザ・ファブル」や「外道の歌」が読めます!
U-NEXTなら全作品でポイントを使用して購入可能! 登録時に貰える
600ポイントを使用して、最新コミックがすぐ読める!
【特典1】見放題作品130.000本31日間無料! 【特典2】加入特典で300円分ポイントプレゼント!

[PR]まんが買取サイト

「外道の歌」10巻(単行本)のネタバレ・感想

運営者/執筆者

■運営者/執筆者:ニョッキー

…漫画家もやっています。…といっても原作志望のド素人の漫画家です。絵はヘタクソです。
ですが読む方は40年以上まんがを読んでおり「漫画オタク」と言って良いと思います。
「漫画オタク」そして「漫画家」の視点で感想・レビューを書いております。
皆様も是非口コミ投稿を宜しくお願い致します。

-プレイボール2

Copyright© まんが買取NAVI-マンガの感想・レビューや漫画買取情報- , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述