広告




プレイボール2 漫画ネタバレ

プレイボール2・81話「センバツに行った奴らのレベル」のネタバレ・感想

投稿日:

プレイボール2・81話のネタバレ

【あらすじ】
実力のある選手が揃う川北商業を目にした谷口は、試合前日にも拘わらずハードな練習を課す。
その効果もあってか、墨谷は快勝!初のベスト4を決めたが、次の相手は強豪チームの谷原!その初回、打順策が功を奏し、いきなり無死満塁の好機で三点を先制することに成功するー
▼プレイボール2のストーリーは以下の通り。
◆激走が結果をもぎ取ったー
◆倉橋、意地のヒット、イガラシ、執念の激走が実を結び、墨谷、初回三点を先制ー!谷原監督はピッチャーを野田から村井に交代させる。
これ以上傷口を広げられない、ということだ。
続く打者は松川。谷口は右方向へのバッティングを指示する。
松川はミート打法で構える。
しかし追い込まれて三球目をピッチャーフライ。ワンアウト。
続く半田にも谷口はバントではなくヒッティングを指示。「このスピードだとバントのほうがかえって難しい」とのことだ。
半田はなんとか右方向に打つ。
しかしセカンドゴロでアウト。
、と思いきや、セカンドはファーストに送球せずサードに送球!判定はアウト!倉橋は三塁に進めなかった。
これでツーアウト。
田所たちは、これがセンバツに行った連中のレベルなんだ!と驚く。
谷原のマネージャーは、バントしなかったことに対し、強気なのか、うちを舐めてるのか…?と考える。

◆相手も訝る強気の墨谷。初回から村井を引きずり出す展開は果たして吉か凶か!?
◆次号21号は、谷原が本気を出したらこんなもんじゃない。墨谷の攻撃もここまで?「あせるな墨谷」の巻

プレイボール2の感想

まんがネタバレちゃん
まんがネタバレちゃん
最初、作者がアウトカウントを間違えたのかと思いましたよ!
ファーストで半田がアウトになっているシーンは、半田が「こうなるだろう」という想像のシーンで、現実はセカンドはファーストに送球せずサードに送球していたのです。
この表現、へたすぎでしょ!普通想像のシーンは枠線を雲見たいにしたり、二重線にしたりするでしょ!ちゃんと区別する表現にしないと!
頼みますよ。
てことで、谷口さんのセリフからすると、強気な訳でもなく、舐めている訳でもなく、半田に「このスピードだとバントのほうがかえって難しい」と既に言っています。構成的にこの台詞、次回に回想シーンか何かで言わせたほうが良いでしょう!
作者、色々仕事やりすぎて手を抜いてるんじゃ無いでしょうね!?お願いしますよ!

[広告]オススメまんが記事

[PR]まんが読み放題のサービス

U-NEXTで「ザ・ファブル」や「外道の歌」が読めます!
U-NEXTなら全作品でポイントを使用して購入可能! 登録時に貰える
600ポイントを使用して、最新コミックがすぐ読める!
【特典1】見放題作品130.000本31日間無料! 【特典2】加入特典で300円分ポイントプレゼント!

[PR]まんが買取サイト

「外道の歌」10巻(単行本)のネタバレ・感想

運営者/執筆者

■運営者/執筆者:ニョッキー

…漫画家もやっています。…といっても原作志望のド素人の漫画家です。絵はヘタクソです。
ですが読む方は40年以上まんがを読んでおり「漫画オタク」と言って良いと思います。
「漫画オタク」そして「漫画家」の視点で感想・レビューを書いております。
皆様も是非口コミ投稿を宜しくお願い致します。

-プレイボール2, 漫画ネタバレ

Copyright© まんが買取NAVI-マンガのネタバレや漫画買取情報- , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述