広告




プレイボール2 漫画ネタバレ

プレイボール2・55話「堕ちた信頼」のネタバレ・感想

投稿日:

プレイボール2・55話「堕ちた信頼」のネタバレ

▼プレイボール2・55話「堕ちた信頼」のストーリーは以下の通り。
◆まさかまさかの満塁ホームラン。
◆片瀬のライト起用をきっかけに、コールド勝ち目前の「7点差」がまさかの「2点差」に---。墨谷10-8大島
丸井が驚愕する。
「な…なんという気持ちの弱さなんだ井口!」
一緒に練習したのはなんだったのかと嘆く。
マウンドに集合したナイン。
井口は「交代はさせないで下さい」
という。倉橋やイガラシなどナイン、応援団までも当然交代だと考える場面。
谷口は「今は公式戦だ!負けたらその瞬間に終わりなんだ」
と言うが、しばらく悩んで「ランナーをひとり出した瞬間に代える」
と続投と告げる。
イガラシと倉橋「仏すぎる」
谷口は「判断ミスを犯したのか?」と悩みながら守備につく。
井口は投げながら反省する。
「気持ちのコントロールができなかった」
「おれは気持ちにスキがあった」
結局フォアボールとなる。
谷口はファーストに加藤を入れ自分がピッチャーになると審判に告げるが
イガラシが「おれが行きましょうか?」と提案。
イガラシは谷口に「今日の谷口さんは身体が重そう」と考えていた。
しかし谷口は自分が投げると宣言。
「3年のおれが責任を持って1年生の尻ぬぐいをするべきなんだ」
「肝心要のときはキャプテンであるおれががんばらなくちゃならないんだ!」
倉橋は谷口の球を「一番気持ちが入っているが球威は一番ない」と考える。
谷口「甲子園を夢見るなんて…おこがましい話なのか?」
井口は「すごい気迫」と感心するが打球はライトへ。
フェンスに付いた片瀬「ボールが落ちてくる…

◆次号19号はことごとく采配を誤る谷口。遠のく甲子園。ここが限界なのか?「ベスト8への試練」の巻

プレイボール2の感想

いやいや、ここまで谷口さんが采配間違えるなんてないよー。。。
たしかに初期の谷口さんは優柔不断が個性のようでしたけど。。
これも成長の過程と言うことか。。。
しかし井口はあまりにもだめですね。この作品の最初で大幅にページを割いてスポットを当てたのはなんだったのか。
とはいえここで負ける事は無いはずです。
この戦力で負けたら怒りますよ。

[広告]オススメまんが記事

[PR]まんが読み放題のサービス

ポイント利用で話題のコミック・書籍がお得に読める!
U-NEXTなら全作品でポイントを使用して購入可能!
登録時に貰える
600ポイントを使用して、最新コミックがすぐ読める!
2019年1月に書籍サービスリニューアル!
1つのアプリで動画も書籍も楽しめます!
【特典1】見放題作品130.000本31日間無料!
【特典2】加入特典で300円分ポイントプレゼント!




レビュー・口コミの投稿お願いします!

Submit your review
1
2
3
4
5
Submit
     
Cancel

Create your own review

まんがネタバレNAVI
Average rating:  
 0 reviews

運営者/執筆者

■運営者/執筆者:ニョッキー

…漫画家もやっています。…といっても原作志望のド素人の漫画家です。絵はヘタクソです。
ですが読む方は40年以上まんがを読んでおり「漫画オタク」と言って良いと思います。
「漫画オタク」そして「漫画家」の視点で感想・レビューを書いております。
皆様も是非口コミ投稿を宜しくお願い致します。


漫才少女!キャバクラ営業編
ニョッキー (著)

-プレイボール2, 漫画ネタバレ

Copyright© まんがネタバレNAVI , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.