広告




外道の歌 漫画感想・レビュー(ネタバレあり)

外道の歌99話(ヤングキング12号)の感想…桜内とカモの思い出

投稿日:

外道の歌話(ヤングキング号)

【あおりと次回予告】
◆國松の提案によりスタートした奇妙な共同生活。この男の狙いは…
◆去りし日、今も胸に。

◆14号(6月28日発売)につづく

外道の歌の感想

國松が食事を提供し五月女、五月女の母と食事。
國松はその後打ち合わせ。
新型合成麻薬「GIZZA(ギザ)」の試作品が完成した。
これを市場に流す事は日本中の筋モンを敵に回すことになる、と言われると國松は
「それが目的だから」と答える。
國松は麻薬を流すのに五月女の知り合いを使うようだ。
桜内は4年前を思い出す。
妻子を亡くし無気力状態のカモに「なんでも言ってくれ」と言うとカモは
「犯人を見つけて殺してくれ」
を答えた。
しかし桜内は覚醒剤所持、使用で逮捕される。
数年後、桜内はカモも叔父(刑事)と会い、カモが古本屋を継いでいると聞いたが、
カモを見た桜内は合わずに帰った。
カモの妻子を殺した犯人が行方不明、というニュースを聞いた桜内は「ひょっとしたら」を思った。
あの時もし桜内が、カモの要望に応えて犯人を始末できていたら現在のカモの人生は変わっていたのかも。。と思う。
ここまでが今回の話
國松が五月女を、母親と一緒に住んでまで親切にする理由が判明しましたね。
製造した麻薬を流すために五月女の仲間を使おうという訳です。
五月女は現在は丸くなったようですが昔は相当のワルであり、あの「世名汚死」の二人とも仲が良い。
察するに、半グレの仲間も多く信頼もある人物だと思います。
國松はそこを利用したいという訳ですね。
そして、桜内の記憶から、カモの過去の話が出てきました。
カモは最初桜内に犯人の殺しを頼んだんですね。
しかし桜内は逮捕されたため、カモは自分で行動に出た。
桜内は「ひょっとしたら」と思った、と言っているので、じきに「世名汚死」を殺したのがカモだと気づく可能性が高いですね。
そこで桜内がどういう対応をするのか…?
戦うことになりそうですが…。
次回も1か月後。もう月一連載ですね。

渡邊ダイスケ先生

外道の歌の動画


【まんが】外道の歌VSザ・ファブル(カモVS明)

[広告]オススメまんが記事

[PR]まんが読み放題のサービス

U-NEXTで「ザ・ファブル」や「外道の歌」が読めます!
U-NEXTなら全作品でポイントを使用して購入可能! 登録時に貰える
600ポイントを使用して、最新コミックがすぐ読める!
【特典1】見放題作品130.000本31日間無料! 【特典2】加入特典で300円分ポイントプレゼント!

[PR]まんが買取サイト

「外道の歌」10巻(単行本)のネタバレ・感想

運営者/執筆者

■運営者/執筆者:ニョッキー

…漫画家もやっています。…といっても原作志望のド素人の漫画家です。絵はヘタクソです。
ですが読む方は40年以上まんがを読んでおり「漫画オタク」と言って良いと思います。
「漫画オタク」そして「漫画家」の視点で感想・レビューを書いております。
皆様も是非口コミ投稿を宜しくお願い致します。

-外道の歌, 漫画感想・レビュー(ネタバレあり)

Copyright© まんが買取NAVI-マンガの感想・レビューや漫画買取情報- , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述