広告




外道の歌 漫画ネタバレ

外道の歌88話(ヤングキング15号)のネタバレ・感想

投稿日:

★最新コミックス第11巻8月24日発売!
[PR]「外道の歌」10巻発売中!

外道の歌 10 (10巻) (ヤングキングコミックス)

新品価格
¥715から
(2020/3/5 13:39時点)

外道の歌88話(ヤングキング15号)のネタバレ

【あらすじ】
カモメ古書店」…凶悪な犯罪に巻き込まれた被害者や、その遺族が「無念」を晴らすため、そこを訪れる。
古書店の主・カモと、その相方・トラのコンビでこれまで数々の依頼を受けて来た。
一方、街では國松と呼ばれる男が刑期を終え出所。「社会的弱者から搾取している反社会勢力を一掃し街を浄化する」という理念のもと、行動を始める。様々な人間の様々な思惑が交錯し始めるが…
▼外道の歌のストーリーは以下の通り。
◆國松のもと、粛々と浄化を推し進める一行。窃盗団を処理した「世名汚死」は…
桜内は三人に、一人200万やる、と言うが、富水(とみず、モヒカンの男)は、金の為ではなく國松たちの理念に共感してやっている、と受け取りを拒否する。
桜内は、これは報酬ではなく気持ちだ、と渡す。
國松は「いいねーあの三人」と評価する。
桜内が今後どうするのか聞くと國松は、出る杭は打たれるというが「杭を打っている時そいつは後ろが見えていない」と言う。
居酒屋で飲む「世名汚死」三人。
富水は早乙女に金を渡す。早乙女には借金があり、実家が差し押さえになりそうという状況らしい。
早乙女は貰えない、と言う。理由は
ニュースで事件の事を観て子供を含めて家族全員殺された、ということから。
カモメ古書店に桜内が訪問。
「久しぶりだなたけちゃん」と言うとカモは「あっくん」と答えた。
二人で話す。
桜内は、新しいビジネスモデルを開拓しているある人の所で世話になっている、と語る。
カモは桜内に、勉強はさっぱりだったが知恵はある、と評価する。
桜内はカモの妻と子の写真を見て、「この街でもう二度とあんな事件は起こさせねえ」と語る。

◆再会。決意は固く…
◆17号(8月7日発売)につづく

外道の歌の感想

まんがネタバレちゃん
まんがネタバレちゃん
早乙女はともかく、あの屑二人組のモヒカン富水が、あんな奴だとは!衝撃ですよね。
金はいらないと言い、早乙女の借金を助けようとする。
早乙女も、初登場から屑な言動はない男でしたが、被害者の人にあんなに感情移入するなんて。
國松が気に入るのもわかります。
ですがそれよりも何よりも、なんと!桜内とカモが知り合い、いや友人だったとは!
これは驚きましたよ!
そして富水が言っていた「理念」ですが、桜内はカモこ妻子の事件を悔やんでいます。
そしてあのような事件を起こさせないと言っています。
つまり、カモと同じきっかけなんですね。
これでカモと國松がついに交錯しましたね。ただ、これで仲間になるとか、共闘とかってなるかどうかはわかりません。
桜内は國松の名前を伏せているし、カモは「俺だけでやる」と言いそう、というか復讐屋の事は言わないだろうし。
お互い知らないで対立していた、って展開になりそうですね。
それでドキドキするという…さすが渡邉先生!

渡邊ダイスケ先生ツイッター

[広告]オススメまんが記事

[PR]まんが読み放題のサービス

U-NEXTで「ザ・ファブル」や「外道の歌」が読めます!
U-NEXTなら全作品でポイントを使用して購入可能! 登録時に貰える
600ポイントを使用して、最新コミックがすぐ読める!
【特典1】見放題作品130.000本31日間無料! 【特典2】加入特典で300円分ポイントプレゼント!

[PR]まんが買取サイト

「外道の歌」10巻(単行本)のネタバレ・感想

運営者/執筆者

■運営者/執筆者:ニョッキー

…漫画家もやっています。…といっても原作志望のド素人の漫画家です。絵はヘタクソです。
ですが読む方は40年以上まんがを読んでおり「漫画オタク」と言って良いと思います。
「漫画オタク」そして「漫画家」の視点で感想・レビューを書いております。
皆様も是非口コミ投稿を宜しくお願い致します。

-外道の歌, 漫画ネタバレ

Copyright© まんが買取NAVI-マンガのネタバレや漫画買取情報- , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述