広告




外道の歌 漫画感想・レビュー(ネタバレあり)

漫画「外道の歌」107話の感想(※ネタバレ注意)…トラの復讐が!

投稿日:

あおりは
◆揺れて、転がり、堕ちていく----
いまだ続く共同生活の中、國松が口を開く…
です。
五月女(そうとめ)と國松が話しています。
五月女の腕に蕁麻疹がでたことに國松は「他社に対する共感性の欠如」
「ストレスは感じるものじゃない 与えるものだ」と言います。
桜内と梅沢が来て報告。
栢山が消えて伊勢原が逮捕された興劉会。
梅沢に組を再開させる許可が出たとのことです。
梅沢は國松に礼を言います。
朝食会では加世子に京都支部長の死が伝えられます。
やったのは逆口だと推測します。
再び國松の家。
五月女の母と飯を食べる國松。
五月女には何やら仕事を頼んだとのこと。
ようやく動き出しましたね。五月女を囲い込んで、
恩を与えて仕事をさせる。最終的には危険な仕事をさせるのでしょうね。。。
そして、久しぶりのトラが登場。本を並べていると
カモの叔父がやってきて
「トラのお袋さんを殺害した加害者の出所日が決まった」
と報告します。
あおりは
◆遥か先からずっと続いてきた轍はここで途切れ、
現在ひとつの方向を指し示す…
ここまでが今回の話です。
國松、朝食会の状況が少しづつ変わっていく中で
ついにトラが復讐をする時が来ました。
長かったですね。。。いよいよトラの出番ですね。
これ、さくっと殺して終わりなのでしょうか?
もしかしたら國松、朝食会のどちらか(のターゲットなど)と繋がって
いる可能性も…?深読みでしょうか?
次回は5号(2月14日発売)につづく

[広告]オススメまんが記事

[PR]まんが読み放題のサービス

U-NEXTで「ザ・ファブル」や「外道の歌」が読めます!
U-NEXTなら全作品でポイントを使用して購入可能! 登録時に貰える
600ポイントを使用して、最新コミックがすぐ読める!
【特典1】見放題作品130.000本31日間無料! 【特典2】加入特典で300円分ポイントプレゼント!

[PR]まんが買取サイト

「外道の歌」10巻(単行本)のネタバレ・感想

運営者/執筆者

■運営者/執筆者:ニョッキー

…漫画家もやっています。…といっても原作志望のド素人の漫画家です。絵はヘタクソです。
ですが読む方は40年以上まんがを読んでおり「漫画オタク」と言って良いと思います。
「漫画オタク」そして「漫画家」の視点で感想・レビューを書いております。
皆様も是非口コミ投稿を宜しくお願い致します。

-外道の歌, 漫画感想・レビュー(ネタバレあり)

Copyright© まんが買取NAVI-マンガの感想・レビューや漫画買取情報- , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述