広告




BUNGO(ブンゴ) 漫画感想・レビュー(ネタバレあり)

BUNGO(ブンゴ)202話「明暗の岐路」のネタバレ・感想

投稿日:

BUNGO(ブンゴ)202話「明暗の岐路」のネタバレ

▼BUNGO(ブンゴ)202話「明暗の岐路」のストーリーは以下の通り。

◆友への思いを胸に-----。

6回表静央の攻撃は3番の間瀬。
間瀬は流し打ちをするが河村が見事にキャッチ。そして間一髪アウトに。
河村は守備でも超一流の所を見せる。
この回無得点で終わるわけにはいかない…。
という所で打者は4番・ショート野田。
しかしここで富士ヶ丘は野田を敬遠する。
碓井は満塁策以外で初めての敬遠。
碓井はプライドを捨て勝利を獲る意気込みだ。
そして打者は5番のブンゴ。
ブンゴは早いスイングで皆浦を驚かせ、セカンドも打球を弾く。
しかし河村が間に合う、と助言し落ち着きを取り戻し4-6-3のダブルプレー。
6回表静央は無得点に終わった。
そして富士ヶ丘が2点リードしての6回裏。
スカウト達は、河村と勝負に行った静央と、野田との勝負を避けた富士ヶ丘に明暗が分かれたと感じる。
ここで静央は守備の交代。
投手鮎川(瑛太)がライトへ。
スタンドがざわざわする。
監督は「2年前の事を知るなら当然昂ぶる」と思う。
ライトの石浜(ブンゴ)が投手へ。
監督は「文吾…お前だけだ」と期待する。

◆果たすは完全復讐---!
◆次号、休載します。再開はYJ44号(10/3発売)、カラー扉付きです!

BUNGOの感想

静央クリーンナップの攻撃ですが。。。間瀬はこの相手になると完全にモブキャラになるんですね。。
キャラは立っているんですが。。。
そして野田は敬遠。そりゃ前後が打てないので仕方ありません。
ブンゴもまあしょうがない。
さて6回裏、ついにブンゴが登板!
かなり燃えているようです。ここはあの球で河村を三振に打ち取る事でしょう。
ただ、試合に勝つかどうかはわかりません。
負けても全国に行ける可能性があるから。また、河村をとんでもないバケモノにしているから。
富士ヶ丘も全国に行くでしょうからね。
いずれにしても「河村は」抑えるでしょう!
※次号は休載なのでご注意ください!!

[広告]オススメまんが記事

[PR]まんが読み放題のサービス

U-NEXTで「ザ・ファブル」や「外道の歌」が読めます!
U-NEXTなら全作品でポイントを使用して購入可能! 登録時に貰える
600ポイントを使用して、最新コミックがすぐ読める!
【特典1】見放題作品130.000本31日間無料! 【特典2】加入特典で300円分ポイントプレゼント!

[PR]まんが買取サイト

「外道の歌」10巻(単行本)のネタバレ・感想

運営者/執筆者

■運営者/執筆者:ニョッキー

…漫画家もやっています。…といっても原作志望のド素人の漫画家です。絵はヘタクソです。
ですが読む方は40年以上まんがを読んでおり「漫画オタク」と言って良いと思います。
「漫画オタク」そして「漫画家」の視点で感想・レビューを書いております。
皆様も是非口コミ投稿を宜しくお願い致します。

-BUNGO(ブンゴ), 漫画感想・レビュー(ネタバレあり)

Copyright© まんが買取NAVI-マンガの感想・レビューや漫画買取情報- , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述