広告




その他漫画

まんが紹介「蟻地獄(板倉俊之)」

投稿日:

まんが紹介「蟻地獄(板倉俊之)」

今回の作品は「蟻地獄」です。

蟻地獄

●作品名:蟻地獄
●著者:板倉俊之(著), 武村勇治(イラスト)
●出版社:日本文芸社 (2015/7/29)
▼ジャンル:
▼内容紹介

話題作「トリガー」に続き、インパルス板倉俊之の描き下ろし小説のコミカライズ化。作画は「トリガー」を圧倒的画力で描き切った武村勇治。
主人公・二村孝次郎は幼馴染の修平とともに裏カジノでの儲け話を画策する…そして……待ち受ける蟻地獄…。手に汗握るアウトローサバイバル!!
アマゾン より)

■カスタマーレビュー

「蟻地獄」1巻のレビュー

タイトルから少し怖い雰囲気も漂う「蟻地獄」。
こちらの作品はインパルスの板倉さんが書いた小説の漫画版です。前作の「トリガー」も話題となりましたが、こちらの「蟻地獄」も面白い作品になっていました。
簡単にあらすじを説明すると、主人公の二村孝次郎は幼馴染である大塚修平と共に、裏カジノでの儲け話を画策するのですがイカサマがバレてしまい修平が人質に取られ、300万円を要求されます。期限は5日しかなく、孝次郎はどうやって300万円を用意するのか、という始まりです。
どんどん蟻地獄にはまっていく主人公が可哀想でもあり、楽しくもあり、どんどん続きが見たくなりました。作画担当は武村勇次さんで画力が高く見応え抜群です。板倉さんは多才な人だな、と改めて感じされられる作品になっており、かなりオススメできます。
少しでも気になったのであれば是非読んでみてください。きっと後悔はしないと思います。

[広告]オススメまんが記事

[PR]まんが読み放題のサービス

U-NEXTで「ザ・ファブル」や「外道の歌」が読めます!
U-NEXTなら全作品でポイントを使用して購入可能! 登録時に貰える
600ポイントを使用して、最新コミックがすぐ読める!
【特典1】見放題作品130.000本31日間無料! 【特典2】加入特典で300円分ポイントプレゼント!

[PR]まんが買取サイト

「外道の歌」10巻(単行本)のネタバレ・感想

運営者/執筆者

■運営者/執筆者:ニョッキー

…漫画家もやっています。…といっても原作志望のド素人の漫画家です。絵はヘタクソです。
ですが読む方は40年以上まんがを読んでおり「漫画オタク」と言って良いと思います。
「漫画オタク」そして「漫画家」の視点で感想・レビューを書いております。
皆様も是非口コミ投稿を宜しくお願い致します。

-その他漫画

Copyright© まんが買取NAVI-マンガのネタバレや漫画買取情報- , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述