広告




東京卍リベンジャーズ 漫画感想・レビュー(ネタバレあり)

東京卍リベンジャーズ227話「Gangster」の感想(※ネタバレ注意)

投稿日:

東京卍リベンジャーズ

東京卍リベンジャーズの感想

寺野南(みなみ)はブラジル・リオの貧民街(ファベーラ)で育った。
母と二人暮らしで、ディノという男に生き方を教わります。
初めての暴力は5歳で、殺人を犯しました。
ディノに「サウス」と名乗るように言われます。
ディノはギャングスターでした。
そして12歳の時、ディノを殴り殺し涙を流しました。
サウスはギャングチームを結成。こうして暴君「寺野南(みなみ)」
が完成しました。
14歳の時に敵対するチームに襲われて母が死亡します。
そして日本の祖父の所にやってきました。
少年鑑別所にいたサウスは「横浜天竺」のメンバーと遭遇しそのメンバー達を倒します。
出所したサウスは「六波羅単代」を設立します。
サウスは鶴蝶(カクチョー)を倒し六波羅単代に入れます。
ここまでが回想シーン。
鶴蝶(カクチョー)は
「初代黒龍(ブラックドラゴン)最強コンビがいくら強かろうが
寺野サウスには勝てない」と言います。
これが今回の話。
なるほど、サウスは本名寺野南(みなみ)だったんですね。
そしてブラジルの貧民街(ファベーラ)で育ったわけですか。
個人的に元サッカーファンで、ブラジルの貧民街(ファベーラ)の資料とか
映画とか過去に観ていたのですが、実際に子供たちが生きるために
犯罪をしており、殺人も珍しく無いようです。
そのような中でのし上がってきた人間なら、日本のそこらのヤンキーには負けないでしょうね。
さて、天竺はどう反撃するのか?サウスには勝てるのでしょうか?

[広告]オススメまんが記事

[PR]まんが読み放題のサービス

U-NEXTで「ザ・ファブル」や「外道の歌」が読めます!
U-NEXTなら全作品でポイントを使用して購入可能! 登録時に貰える
600ポイントを使用して、最新コミックがすぐ読める!
【特典1】見放題作品130.000本31日間無料! 【特典2】加入特典で300円分ポイントプレゼント!

[PR]まんが買取サイト

「外道の歌」10巻(単行本)のネタバレ・感想

運営者/執筆者

■運営者/執筆者:ニョッキー

…漫画家もやっています。…といっても原作志望のド素人の漫画家です。絵はヘタクソです。
ですが読む方は40年以上まんがを読んでおり「漫画オタク」と言って良いと思います。
「漫画オタク」そして「漫画家」の視点で感想・レビューを書いております。
皆様も是非口コミ投稿を宜しくお願い致します。

-東京卍リベンジャーズ, 漫画感想・レビュー(ネタバレあり)

Copyright© まんが買取NAVI-マンガの感想・レビューや漫画買取情報- , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述