広告




プレイボール2 漫画ネタバレ

プレイボール2・73話「送りバントを決めろ!」のネタバレ・感想

投稿日:

プレイボール2・73話のネタバレ

▼プレイボール2のストーリーは以下の通り。
◆9回裏の攻撃、疲労困憊のイガラシ。厳しい状況の中、振り抜いた打球は意外にもー!?
イガラシの打球は詰まっていた。イガラシは一塁にヘッドスライディング。
ファーストは交錯した時にボールをこぼす。
その隙にイガラシは2塁へ向かう。
セーフとなるが、川北の抗議で審判は協議。
結果はノーアウト2塁から再開。
疲労しているイガラシを川北投手はしつように牽制。
倉橋は送りバントを試みるが、見辛い上に変化するので難しい。谷口はそれでもスリーバントのサインを出すが倉橋は失敗。
谷口の打席。
川北投手は、「ツーランスクイズもある」とナインに声をかける。
そして谷口はバントを実行。
サードがファーストに送球、と思いきやボールを投げない。
イガラシは「読まれていた!」と呟く。

◆大胆なツーランスクイズの裏をかかれた墨谷!大チャンスが一転して憤死にー!?
◆次号13号は、挟殺プレーのセオリーとは?そして挟殺プレーを逃れる極意とは?
「ボロボロの奴が逃げられるわけねえ!」の巻

プレイボール2の感想

 

まんがネタバレちゃん
まんがネタバレちゃん
思えば川北は試合前から、休日の様子が書かれたり全員の素性が語られたりと、キャラを立たせるように演出されてきました。そのお陰で強敵感が出ていますね。小野田に変わったヨシも、投球フォームが見えにくいし、効果的な牽制をしたりいい変化球を投げるなど、高いレベルを見せています。さらには墨谷のツーランスクイズを見破りました。
そこで墨谷、そしてランナーイガラシはどうするのか?
予告を読む限り、簡単にはアウトにはならなさそうですよね。最悪でも三塁には戻れそうです。まあここの予告はあてにはなりませんが…。

[広告]オススメまんが記事

[PR]まんが読み放題のサービス

U-NEXTで「ザ・ファブル」や「外道の歌」が読めます!
U-NEXTなら全作品でポイントを使用して購入可能! 登録時に貰える
600ポイントを使用して、最新コミックがすぐ読める!
【特典1】見放題作品130.000本31日間無料! 【特典2】加入特典で300円分ポイントプレゼント!

[PR]まんが買取サイト

「外道の歌」10巻(単行本)のネタバレ・感想

運営者/執筆者

■運営者/執筆者:ニョッキー

…漫画家もやっています。…といっても原作志望のド素人の漫画家です。絵はヘタクソです。
ですが読む方は40年以上まんがを読んでおり「漫画オタク」と言って良いと思います。
「漫画オタク」そして「漫画家」の視点で感想・レビューを書いております。
皆様も是非口コミ投稿を宜しくお願い致します。

-プレイボール2, 漫画ネタバレ

Copyright© まんが買取NAVI-マンガのネタバレや漫画買取情報- , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述