広告




ゴールデンカムイ 漫画ネタバレ

ゴールデンカムイ163話「指名手配書」のネタバレ・感想

投稿日:

ゴールデンカムイ163話「指名手配書」のネタバレ

▼ゴールデンカムイ163話「指名手配書」のストーリーは以下のとおり。

ロシアンスナイパー「1発でも撃てば・・」
「こちらの居場所がバレてしまう」
「撃つ時は必殺でなくてはならない」
「仕留め損なえば次に狙撃されるのは自分なのだ」
尾形らしき人影を見る。
「さっきから見ているが」
「ピクリとも動かない」アシリパさんたちの会話。
アシリパさん「これキロランケニシパか?」
白石「このロシアの国境守備隊は」
「キロちゃんが目当てだったんだ」
キロランケ、過去を語る。
キロランケは15の時、反体制過激派組織を知り合い、皇帝を暗殺した。
その場にはアシリパの父親もいた。
指名手配書にはアシリパの父親もあった。ロシアンスナイパー
「よく見ると隠れ方も雑だ」
人影に疑問を感じ始める。キロランケ達は尾形を信じて待つことに。ロシアンスナイパーは足跡を発見し、辿る。
すると、「オロッコの棺」を発見雪を食べじっと待つ尾形。
ロシアンスナイパー「どおりで動かないわけだ」
「あれは遺体を使ったカカシだ」
「オロッコの棺」を撃つ。
尾形がロシアンスナイパーを狙撃。

⇒ゴールデンカムイ164話へつづく。
◆遺体の様に、案山子の様にただ…ただ、待っていた。

ゴールデンカムイ163話「指名手配書」の感想

遺体に見せるほどピクリとも動かない尾形は凄い。
世界レベルで優秀なスナイパーだったのか!

ゴールデンカムイ163話「指名手配書」のネタバレ動画

YouTube「ゴールデンカムイ163話「指名手配書」のネタバレ」


ニコニコ動画「ゴールデンカムイ163話「指名手配書」のネタバレ」

[広告]オススメまんが記事

[PR]まんが読み放題のサービス

ポイント利用で話題のコミック・書籍がお得に読める!
U-NEXTなら全作品でポイントを使用して購入可能!
登録時に貰える
600ポイントを使用して、最新コミックがすぐ読める!
2019年1月に書籍サービスリニューアル!
1つのアプリで動画も書籍も楽しめます!
【特典1】見放題作品130.000本31日間無料!
【特典2】加入特典で300円分ポイントプレゼント!




レビュー・口コミの投稿お願いします!

Submit your review
1
2
3
4
5
Submit
     
Cancel

Create your own review

運営者/執筆者

■運営者/執筆者:ニョッキー

…漫画家もやっています。…といっても原作志望のド素人の漫画家です。絵はヘタクソです。
ですが読む方は40年以上まんがを読んでおり「漫画オタク」と言って良いと思います。
「漫画オタク」そして「漫画家」の視点で感想・レビューを書いております。
皆様も是非口コミ投稿を宜しくお願い致します。


漫才少女!キャバクラ営業編
ニョッキー (著)

-ゴールデンカムイ, 漫画ネタバレ

Copyright© まんがネタバレNAVI , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.