広告




外道の歌 漫画ネタバレ

外道の歌74話(ヤングキング19号)のネタバレ・感想

投稿日:

外道の歌74話(ヤングキング19号)のネタバレ

【表紙】
問い続ける「善」と「悪」の行方。
漆黒の新章突入ッ---
「練馬区の殺人鬼」園田夢二の深淵…。

◆最新コミックス第9巻9月24日(火)発売!

【外道の歌あらすじ】
「カモメ古書店」…凶悪な犯罪に巻き込まれた被害者や、その遺族が「無念」を晴らすため、そこを訪れる。
古書店の主・カモと、その相方・トラのコンビでこれまで数々の依頼を受けて来た。
「練馬区の殺人鬼」園田夢二の行方を追い、カモ達と奇妙な同居生活を続ける開成奈々子。
一方、園田は漫画誌「ゴアコミック」の編集者として、更に殺人を重ねながら、変わらぬ生活を送って来たのだが?

▼外道の歌74話(ヤングキング19号)のストーリーは以下の通り。

◆「全員の幸せ」と「自分さえよければいい」という本音が、両輪となり人を動かす。
街で自転車をスマホを見ながら運転していた男が車に轢かれる。
男は血を流し倒れている。
野次馬は助ける訳ではなく事故現場をスマホで撮影。
その様子を撮影する園田。
「事故った人の写メを一心不乱に撮り続ける通行人…」「いやあ~イイ表情だ」

18年前---
園田の独白。
子供の頃の園田と祖母。
園田はおばあちゃん子だった模様。
太宰治の「人間失格」について、「なんて書いてあるのか」をしっていながらわからないふりをする園田。
太宰治がもう死んでいると聞いた園田は
「死んでも生きてるなんてスゴイよ!」と言う。
その祖母がやがて体を悪くする。
病院で意識が混濁する祖母を見た園田は
「すごい…なんて面白いんだ」を笑う。
祖母が死に、園田は無くが、その涙の理由は悲しさではなく
「死ぬという事が恐ろしかったから」だと語る。
世の中にはまだまだ知らない事があり、それらを知らないまま死ぬことに対しての恐怖だ。
園田「ずっと生き続けたいよ…おばあちゃん…」

◆光と闇が混在していた殺人鬼の過去。YK21号(10/15発売)より連載再開。

外道の歌74話(ヤングキング19号)の感想

新シリーズ開始!
スピンオフ作品「園田の歌」があるので園田はよく見ていますが、
オリジナル「外道の歌」では久しぶりの登場となる園田。
今回は園田の幼少の頃の様子が語られる。
小さいころから人とは違う思考を見せる園田。
まあ犯罪者の子供の頃がどんな感じなのかは知りませんが、園田はこんな感じだったんですね。
そして知識欲からくる「自分の生」への執着が強いという事がわかりました。
園田は最終回に引っ張るのだと予想しますが、今回のシリーズでは久しぶりにカモトラと絡んでくれることを願ってます!

Submit your review
1
2
3
4
5
Submit
     
Cancel

Create your own review

まんがネタバレNAVI
Average rating:  
 0 reviews

[広告]オススメまんが記事

[PR]まんが読み放題のサービス

ポイント利用で話題のコミック・書籍がお得に読める!
U-NEXTなら全作品でポイントを使用して購入可能!
登録時に貰える
600ポイントを使用して、最新コミックがすぐ読める!
2019年1月に書籍サービスリニューアル!
1つのアプリで動画も書籍も楽しめます!
【特典1】見放題作品130.000本31日間無料!
【特典2】加入特典で300円分ポイントプレゼント!




レビュー・口コミの投稿お願いします!

Submit your review
1
2
3
4
5
Submit
     
Cancel

Create your own review

まんがネタバレNAVI
Average rating:  
 0 reviews

-外道の歌, 漫画ネタバレ

Copyright© まんがネタバレNAVI , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.