広告




外道の歌 漫画感想・レビュー(ネタバレあり)

外道の歌103話(ヤングキング20号)の感想…人体破壊マニア・逆口拓の実力!

更新日:

外道の歌103話(ヤングキング号)

【あおりと次回予告】
◆関口いわく怪物…またの名を人体破壊マニア 國松とついに接触…
◆圧倒的脅威、猛襲…!
◆22号(10月25日発売)につづく

外道の歌の感想

定食屋で國松と逆口が対面。
逆口は箸で國松の耳を刺そうとし寸止めするが國松は動じない。
逆口は「怯えや恐れがない」と言いますが國松は「こわいこわい」と答えます。
逆口は國松を「関口と同じ」と評価し、國松は「君とはウマが合いそうだ」と応えます。
國松は逆口に護衛を依頼します。
逆口は「気に入った」と言って去って行きます。
当然、桜内たちのことは気付いていたとのこと。
場面変わり、國松の薬の売人。
独白では「ヤクザと金持ちを尊敬している」ようです。
取り引きに行きますが、相手はヤクザ。
殴られて連れて行かれそうになった所で逆口が登場!
まずサングラスの男に対して、
棒を目のくぼみから頭蓋骨の隙間に入れて直接脳を損傷します!
次にヒゲの男の襟を掴み、「グリュン」とすると男は血を流し倒れます。
ここは何をしたか詳しくは分かりませんが首の骨を折ったのかな?
とここまでが今回の話。
外道の歌ファンの方はご存じと思いますが、
「人体破壊マニア・逆口拓」のモデルは俳優の坂口拓さんですよね。
作者の渡邊ダイスケ先生と親交がある事で有名です。
今回容姿が出たのですが、髪型まで似せてきましたね。
公表されているかはわかりませんが、恐らく公認なのでしょう。
この逆口拓のキャラもだいぶファンタジーなキャラクターですね。
「國松編」になってからファンタジー化がどんどん進んでいますね。
良くも悪くも「善悪の屑」とは違う作品になってきました。
ただ「バイオレンス描写」が失われていないので個人的には楽しみです。
逆口拓とカモトラが戦うことはあるのでしょうか?

渡邊ダイスケ先生

[広告]オススメまんが記事

[PR]まんが読み放題のサービス

U-NEXTで「ザ・ファブル」や「外道の歌」が読めます!
U-NEXTなら全作品でポイントを使用して購入可能! 登録時に貰える
600ポイントを使用して、最新コミックがすぐ読める!
【特典1】見放題作品130.000本31日間無料! 【特典2】加入特典で300円分ポイントプレゼント!

[PR]まんが買取サイト

「外道の歌」10巻(単行本)のネタバレ・感想

運営者/執筆者

■運営者/執筆者:ニョッキー

…漫画家もやっています。…といっても原作志望のド素人の漫画家です。絵はヘタクソです。
ですが読む方は40年以上まんがを読んでおり「漫画オタク」と言って良いと思います。
「漫画オタク」そして「漫画家」の視点で感想・レビューを書いております。
皆様も是非口コミ投稿を宜しくお願い致します。

-外道の歌, 漫画感想・レビュー(ネタバレあり)

Copyright© まんが買取NAVI-マンガの感想・レビューや漫画買取情報- , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述