広告




BUNGO(ブンゴ) 漫画感想・レビュー(ネタバレあり)

BUNGO(ブンゴ)204話「流れ」のネタバレ・感想

投稿日:

BUNGO(ブンゴ)204話「流れ」のネタバレ

▼BUNGO(ブンゴ)204話「流れ」のストーリーは以下の通り。

◆悩める怪物-----。
河村は、ブンゴが登板したのは良い物の、自分の打順まで回ってくるのかを心配する。
ブンゴは調子が出るのに時間がかかるタイプだと読み、この回ではなく7回裏での対戦を希望。
碓井に「2点くらい取られてくんない?」と話怒られる。
試合は連続フォアボールにより無死1、2塁の状況。
8番・原に対しての投球。ようやくストライクが入る。
2球目。打球はセンターへ。
間瀬がキャッチして、すかさずサードへダイレクト送球。
強肩を見せつけた。
ここでブンゴは間瀬に対して1本指を立てて合図。
続く打者。またもや打球はセンターへ。
間瀬がキャッチしてサードへ送球。
そして1番打者・皆浦。ブンゴのストレートに威力が出始めて三球三振。
6回裏の富士ヶ丘の攻撃は無得点に終わった。
間瀬はブンゴに2度自分の所に打たせたのか聞く。
ブンゴは間瀬の強肩を見せ相手に圧力をかけるためにそうしたと答える。
間瀬は「美しい」と賞賛する。
静央ナインは過去に吉見が見せた光景とうり二つだと思い出す。
そして静央3-5富士ヶ丘で迎えた最終回。
打席は瑛太。「まだできる事がある」と呟く。

◆最期の生存競争(イニング)----!!
◆次号、勝利を手繰り寄せることができるのは----!?

BUNGOの感想

ブンゴが登板したが、河村と対戦するのは微妙なタイミング。
たしかに河村が考える通り、静央が同点に追いつく展開にならないと、良い場面での河村との対戦にはならない。
ブンゴは2人にフォアボールを与えたもののようやく復調。思った所に打たせる事も、ストレートで押して三球三振にとることもできるようになった。
2人のフォアボールは、河村への怒りで力が入りすぎていた為でしたね。
とはいえ2点差で最終回。2点入れなければ敗戦となる。
この試合でブンゴと河村の対戦は絶対あるでしょうから、2点は少なくとも入るのでしょう。
まずは瑛太が意地のヒットを放つのかな??

[広告]オススメまんが記事

[PR]まんが読み放題のサービス

U-NEXTで「ザ・ファブル」や「外道の歌」が読めます!
U-NEXTなら全作品でポイントを使用して購入可能! 登録時に貰える
600ポイントを使用して、最新コミックがすぐ読める!
【特典1】見放題作品130.000本31日間無料! 【特典2】加入特典で300円分ポイントプレゼント!

[PR]まんが買取サイト

「外道の歌」10巻(単行本)のネタバレ・感想

運営者/執筆者

■運営者/執筆者:ニョッキー

…漫画家もやっています。…といっても原作志望のド素人の漫画家です。絵はヘタクソです。
ですが読む方は40年以上まんがを読んでおり「漫画オタク」と言って良いと思います。
「漫画オタク」そして「漫画家」の視点で感想・レビューを書いております。
皆様も是非口コミ投稿を宜しくお願い致します。

-BUNGO(ブンゴ), 漫画感想・レビュー(ネタバレあり)

Copyright© まんが買取NAVI-マンガの感想・レビューや漫画買取情報- , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述