広告




ブルージャイアントシュプリーム 漫画ネタバレ

ブルージャイアントシュプリーム42話「TEA FOR TWO」ネタバレ・感想

投稿日:

「BLUE GIANT SUPREME(ブルージャイアントシュプリーム)」42話「TEA FOR TWO」ネタバレ・感想

【前回まで】
単身渡独した大はドイツ人のハンナ、ポーランド人のブルーノ、
フランス人のラファエルとカルテットを結成。
自主的にツアーを始める。
PRのためFRAのピアノをブルーノに弾かせようとしていたが!?

▼「BLUE GIANT SUPREME(ブルージャイアントシュプリーム)」42話「TEA FOR TWO」のストーリーは以下の通り。

◆近くて遠い天才。
ブルーノ「マレク・ヤニツキだ。」
大「ブルーノ、知ってるの?」
空港、ピアノの近くにある喫茶店の店員。
「マレク・ヤニツキ。」マレクのプロモーターが電話を終え
「あんなところで無料で大勢に聴かせちゃって」
「天才って奴らは分かってんのかね?」
マレクが観衆に気づく。
マレク「ヒマつぶしに弾いてただけなのに」
「曲の終わりまではやろうか」
大「うおおすげえ!」
喫茶店の店員「マレク・ヤニツキ・・ポランドの天才ピアニスト。」ブルーノ「また腕を上げたな」
「ガキの頃からいったい何度コンクールに出場し」
「お前に負け続けたことか。」
「オレはお前よりも」
「<負けること>を知っている。」
演奏が終わりブルーノが近づく。
プロモーターが止めるが
マレク「彼は古い知り合いでね。」
「久しぶりだな。ブルーノ。」マレクとブルーノ、喫茶店に入り話はじめる。
ブルーノは、ジャズが好きだということを話す。
ブルーノ「オレと、」「あの白いピアノで」
「連弾をしないか」
と提案。ブルーノは大たちメンバーを紹介し、
宣伝をしたいと話す。
プロモーターが「受ける事はできません」と止めるが
二人は話し続ける。
マレク「オレには何のメリットがある?」
ブルーノ「・・・無い!」
「ただ、オレとオレの仲間たちは」
「一生忘れない。」「それだけがメリットだ。」ブルーノ「ジャズやらせたらお前には負けねえ」
「・・・絶対だ。」
マレクとブルーノ、曲の打ち合わせを始めるが
プロモーターが「時間ですよ!」と止める。
マレク「フライトを一本送らせてください。」
「オレは彼とピアノを弾いていく。」

ラファエル「2人そろって出てきたよ!」

⇒「BLUE GIANT SUPREME(ブルージャイアントシュプリーム)」43話へつづく

ブルージャイアントシュプリーム話ネタバレ・感想

マレクとブルーノは幼少の頃のライバルだった!
そして次回、マレクとブルーノが競演(対決)!
これに大も入って演奏しそうですね!

ブルージャイアントシュプリーム話ネタバレ・感想動画

YouTube「ブルージャイアントシュプリーム42話「TEA FOR TWO」ネタバレ」

ニコニコ動画「ブルージャイアントシュプリーム42話「TEA FOR TWO」ネタバレ」

[広告]オススメまんが記事

[PR]まんが読み放題のサービス

ポイント利用で話題のコミック・書籍がお得に読める! U-NEXTなら全作品でポイントを使用して購入可能! 登録時に貰える600ポイントを使用して、最新コミックがすぐ読める! 2019年1月に書籍サービスリニューアル! 1つのアプリで動画も書籍も楽しめます! 【特典1】見放題作品130.000本31日間無料! 【特典2】加入特典で300円分ポイントプレゼント!

[PR]まんが買取サイト

運営者/執筆者

■運営者/執筆者:ニョッキー

…漫画家もやっています。…といっても原作志望のド素人の漫画家です。絵はヘタクソです。
ですが読む方は40年以上まんがを読んでおり「漫画オタク」と言って良いと思います。
「漫画オタク」そして「漫画家」の視点で感想・レビューを書いております。
皆様も是非口コミ投稿を宜しくお願い致します。

-ブルージャイアントシュプリーム, 漫画ネタバレ

Copyright© まんが買取NAVI-マンガのネタバレや漫画買取情報- , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述