広告




東京卍リベンジャーズ 漫画感想・レビュー(ネタバレあり)

『東京卍リベンジャーズ』264話「Not only the force but also…」の感想(※ネタバレ注意)

投稿日:

東京卍リベンジャーズ

『東京卍リベンジャーズ』264話「Not only the force but also…」の感想(※ネタバレ注意)


今回は『東京卍リベンジャーズ』
264話「Not only the force but also…」
の感想をお送り致します。

※ご注意
これはあくまでも感想でございます。
内容は「ネタバレ」を目的とするものではございません。
ですが感想の中にやむを得ずネタバレを含んでおります。
また極力セリフの引用を避けるよう注意しております。
ご了承のうえご覧頂くようお願い致します。

※昨今の状況を鑑み、これまでとスタイルを変えて
あくまでも「感想」としてお送り致します。

マイキーの過去編2回目です。
マイキー小6の夏。
マイキーはドラケンのほか
場地、三ツ谷、パーチン、一虎
という6人で「東京卍會」を結成しました。
その後、マイキーの兄が死ぬという事件が
起こります。
良い仲間ができましたが、これによってまた
マイキーが変わったように思います。
トーマンを日本一のチームにするという
目標を掲げます。
そして続々とメンバーを増やしていきます。
トーマンは全国制覇に向けて進んでいました。
そんな中、タケミチ、稀咲鉄太(きさきてった)
という二人と出会います。。
やはりこの2人は運命を大きく変えたようですね。
元のマイキーに戻す鍵もやはりタケミチに
あるのでしょう。
さて次回は…
◆次号、特大巻頭カラー26P!
です。

[広告]オススメまんが記事

[PR]まんが読み放題のサービス

U-NEXTで「ザ・ファブル」や「外道の歌」が読めます!
U-NEXTなら全作品でポイントを使用して購入可能! 登録時に貰える
600ポイントを使用して、最新コミックがすぐ読める!
【特典1】見放題作品130.000本31日間無料! 【特典2】加入特典で300円分ポイントプレゼント!

[PR]まんが買取サイト

「外道の歌」10巻(単行本)のネタバレ・感想

運営者/執筆者

■運営者/執筆者:ニョッキー

…漫画家もやっています。…といっても原作志望のド素人の漫画家です。絵はヘタクソです。
ですが読む方は40年以上まんがを読んでおり「漫画オタク」と言って良いと思います。
「漫画オタク」そして「漫画家」の視点で感想・レビューを書いております。
皆様も是非口コミ投稿を宜しくお願い致します。

-東京卍リベンジャーズ, 漫画感想・レビュー(ネタバレあり)

Copyright© まんが買取NAVI-マンガの感想・レビューや漫画買取情報- , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述