広告




プレイボール2 漫画ネタバレ

プレイボール2・74話「これがイガラシだ!」のネタバレ・感想

投稿日:

プレイボール2・74話のネタバレ

◆痛恨の憤死ー!?
▼プレイボール2のストーリーは以下の通り。
◆大胆なツーランスクイズを読まれてしまった墨谷!
チャンスが一転、危機に。
挟まれたイガラシ。
イガラシは、サードに送球された瞬間に、いちかばちかホームにダッシュする。
イガラシの巧みな走塁。サードは投げづらくなる。そして内川寄りに送球。
イガラシの走塁スピードが増す!
そして回り込みスライディング!キャッチャーは追いタッチになる。
クロスプレーとなるが、審判の判定はセーフ!
そして谷口も二塁へ行く。
5-4と墨谷が勝ち越した。
倒れるイガラシを丸井はかつぎ、「これがイガラシだ」と呟く。
記録はヒットで、谷口は四打数四安打。
そして9回裏のマウンドに上がる谷口。
しかし川北監督は「勝てるな…」と呟く。
ノーアウト満塁になってしまった。
そして、あきらめない!という谷口の球を川北打者が捉える。
ファーストの井口が飛び付いて、ボールがミットに入るが…?

◆僅差で薄氷の勝利を手にできるか?運命の打球は、ファーストミットの中へ…!
◆次号14号は、ミットの先っぽにひっかかったボールを完全捕球できるのか?ダブルプレーはどうなる?「最後の選択」の巻き

プレイボール2の感想

まんがネタバレちゃん
まんがネタバレちゃん
普通だったらイガラシが挟まれて終わりの所でしたが、イガラシがさすがの走塁と根性を見せましたね。まさに墨谷魂、という所ですね!
作者はこれまで散々「疲れ」というものをちらつかせて、弱味を見せていましたが、ここで逆をついて、疲れているのに凄いスピードで走るイガラシ、を見せて来ました。
プレイボール2が始まったころ、やたら井口や半田をクローズアップした作者。
私や多くのファンが不満を口にしましたが、それが作者に届いたのでしょうか?
大会になってイガラシや丸井の活躍が増えましたね。
試合は9回裏。
またわかりやすく、満塁のピンチです。
この試合も長くなりましたし、もうスパっと抑えて勝って頂きたい。でも川北の監督が伏線はってるけど…(-_-).。oO

[広告]オススメまんが記事

[PR]まんが読み放題のサービス

U-NEXTで「ザ・ファブル」や「外道の歌」が読めます!
U-NEXTなら全作品でポイントを使用して購入可能! 登録時に貰える
600ポイントを使用して、最新コミックがすぐ読める!
【特典1】見放題作品130.000本31日間無料! 【特典2】加入特典で300円分ポイントプレゼント!

[PR]まんが買取サイト

「外道の歌」10巻(単行本)のネタバレ・感想

運営者/執筆者

■運営者/執筆者:ニョッキー

…漫画家もやっています。…といっても原作志望のド素人の漫画家です。絵はヘタクソです。
ですが読む方は40年以上まんがを読んでおり「漫画オタク」と言って良いと思います。
「漫画オタク」そして「漫画家」の視点で感想・レビューを書いております。
皆様も是非口コミ投稿を宜しくお願い致します。

-プレイボール2, 漫画ネタバレ

Copyright© まんが買取NAVI-マンガのネタバレや漫画買取情報- , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述