広告




外道の歌 漫画感想・レビュー(ネタバレあり)

外道の歌90話(ヤングキング2020年20号)の感想

更新日:

[PR]「外道の歌」11巻!

外道の歌(11) (ヤングキングコミックス)

新品価格
¥715から
(2020/8/13 13:33時点)

【アオリ文】
[核心へ、一歩ずつ──緊迫の巻頭登場‼︎]
國松が行う“街の浄化”は歪みを生み、
やがてカモ達のもとにも被害者の声が届くようになっていた。
暴力団の思惑も交錯し混迷を極める状況下、カモとトラは…⁉︎
(ヤングキング公式サイトより)
◆粛々と街の浄化を進める國松ら一行。カモとトラは独自で調査を開始するが…◆屑には然るべき制裁を。
◆23号(11/9発売)につづく

外道の歌の感想

まんがネタバレちゃん
まんがネタバレちゃん
今回のシリーズ、國松編、とでもいうのでしょうか?
盛り上がってまいりました!
現在の所
「世名汚死」「カモトラ」「興劉会」
の三つ巴の関係になっていますね。
そんな中、早くもカモトラが五月女を発見!
刺青を見た被害者がいて、特徴的な刺青だったのがラッキーでしたね。
五月女も前科があるから刺青を隠していたと思うのでしょうが、被害者の前で刺青を見せるあたりはまだまだ甘いですね。
脇道運転の男の話の中で話していた通り、仲間の情報は絶対に売らず一人で罪を被ったあたりはかなり気合いの入った切れ者だとは思っていましたが、僅かにスキがありました。
興劉会、栢山はまだ「世名汚死」の情報を全く掴んでいない様子。
今後の展開は、まずカモトラが五月女を捉えて制裁し、残り二人の情報を聞き出そうとするのでしょうか?しかし五月女は仲間の情報は言わないでしょうね…。
そして國松の余裕っぷりも気になりますね。
カモトラの存在を把握しているか、あるいは気にしていないかのような余裕です。
何か策があるのか、それとも「世名汚死」はすてごまだと考えているのか…?
次回はまた1ヶ月後ですか…最近ツキイチペースで残念ですが、話も絵もクオリティが高いので仕方ない!楽しみに待ちましょう!

渡邊ダイスケ先生


[広告]オススメまんが記事

[PR]まんが読み放題のサービス

U-NEXTで「ザ・ファブル」や「外道の歌」が読めます!
U-NEXTなら全作品でポイントを使用して購入可能! 登録時に貰える
600ポイントを使用して、最新コミックがすぐ読める!
【特典1】見放題作品130.000本31日間無料! 【特典2】加入特典で300円分ポイントプレゼント!

[PR]まんが買取サイト

「外道の歌」10巻(単行本)のネタバレ・感想

運営者/執筆者

■運営者/執筆者:ニョッキー

…漫画家もやっています。…といっても原作志望のド素人の漫画家です。絵はヘタクソです。
ですが読む方は40年以上まんがを読んでおり「漫画オタク」と言って良いと思います。
「漫画オタク」そして「漫画家」の視点で感想・レビューを書いております。
皆様も是非口コミ投稿を宜しくお願い致します。

-外道の歌, 漫画感想・レビュー(ネタバレあり)

Copyright© まんが買取NAVI-マンガの感想・レビューや漫画買取情報- , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述