広告




ザ・ファブル 漫画感想・レビュー(ネタバレあり)

『ザ・ファブル2部』第36話『デジャブの男…。』の感想(※ネタバレ注意)

投稿日:

ザファブル2部-アイコン.jpg

今回は
『ザ・ファブルThe second contact』
第36話『デジャブの男…。』
の感想をお送り致します。

※ご注意
これはあくまでも感想でございます。
内容は「ネタバレ」を目的とするものではございません。
ですが感想の中にやむを得ずネタバレを含んでおります。
また極力セリフの引用を避けるよう注意しております。
ご了承のうえご覧頂くようお願い致します。

あおりは
◆ヨウコのデリンジャーなどお構いなしに、
肉欲の赴くままの松代(マツダイ)でんがなぁ~
です。
松代は、股を開けとヨウコに迫りギンギンです。
ヨウコは松代にケリを入れますが
松代はひるまず、学生時代のデジャブを思い出す、と言います。
さらにヨウコは肩を撃ちます。
すると松代はなんと銃を口に入れて
自らほほに発射させます。
一方倉庫では、監視カメラを見るアザミたち。
早速佐藤明に連絡します。
そして真黒住宅に海老原が訪れます。
ゲンの部屋に入り血痕をみつける海老原。
奥に進むと部屋にルーマーの男がいました。
海老原に銃を向けるルーマーの男。
ここまでが今回の話です。
あおりは
◆鬼籍に入った子飼いのゲンが、
最後に過ごした一室で
ルーマーの男とご対面!
です。
くしくも紅白組、真黒組の組長二人に
銃が向けられる展開となりました。
まずヨウコですが、前回話したように、
ヨウコは人を殺したことが無く、明や周囲の人間は
それを望んでいません。
ですから松代を殺すことは無いと思います。
そうなるとあのように暴力にビビらない態度を
取られると追い詰められてしまいます。
ヨウコはどう対応するのか?
一方海老原のほうですが、
おそらくルーマーは松代から、
「海老原はまだ殺すな」と指示が出ているはずです。
ですから海老原も殺されないと思います。
何か話をして終わりだと思います。
さて次回は…?
次号、ヨウコ&海老原W窮地!?
第37話『クソみたいな男…。』に続くわよ♪
です。

[広告]オススメまんが記事

[PR]まんが読み放題のサービス

U-NEXTで「ザ・ファブル」や「外道の歌」が読めます!
U-NEXTなら全作品でポイントを使用して購入可能! 登録時に貰える
600ポイントを使用して、最新コミックがすぐ読める!
【特典1】見放題作品130.000本31日間無料! 【特典2】加入特典で300円分ポイントプレゼント!

[PR]まんが買取サイト

「外道の歌」10巻(単行本)のネタバレ・感想

運営者/執筆者

■運営者/執筆者:ニョッキー

…漫画家もやっています。…といっても原作志望のド素人の漫画家です。絵はヘタクソです。
ですが読む方は40年以上まんがを読んでおり「漫画オタク」と言って良いと思います。
「漫画オタク」そして「漫画家」の視点で感想・レビューを書いております。
皆様も是非口コミ投稿を宜しくお願い致します。

-ザ・ファブル, 漫画感想・レビュー(ネタバレあり)

Copyright© まんが買取NAVI-マンガの感想・レビューや漫画買取情報- , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述