広告




エイジングケア

表皮の役割とは?

投稿日:

表皮について詳しく解説。

表皮とは?

表皮(ひょうひ、英: epidermis)は、多細胞生物のもっとも外側を覆う組織である。
往々にして内部を保護する役割を担い、特に陸上生物では硬化したりクチクラ層を持つ例が多い。水中生物では繊毛などをともなう例もある。分類群によってその性質は大いに異なる。

(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 より)

表皮は、その名のとおり、お肌のもっとも表面で目に見えるところからたった0.2mmまでのお肌の部分です。
そんな、表皮の構造は、角質層、顆粒層、有棘層、基底層の4つで成り立っています。
そして、それぞれの層がターンオーバーやバリア機能に関する役割を果たすことで健やかなお肌がキープできるのです。

エイジングケアアカデミー「表皮の構造と役割を知って正しい保湿とスキンケアを知ろう!」 より)


画像:エイジングケアアカデミー より

表皮って皮膚の表面0.2mmというとても薄い部分のことのみを言うのですね!
大きくは
「表皮」⇒「真皮」⇒「皮下組織(皮下脂肪)」という順にできあがっています。
そして表皮の中は
「角層」⇒「顆粒(かりゅう)層」⇒「有棘(ゆうきょく)層」⇒「基底層」と別れています。
真皮の中は
「エラスチン」「基質(ヒアルロン酸)」「コラーゲン」「線維芽細胞」があります。
角質層は水分を保持するという役目を持っています。
なんと
「角質層が無いと人間は24時間も生きられない」のだそうです。
たしかに人間には水分が必要ですからね。重要ですね。

表皮の役割

表皮の役割はどのようなものでしょうか?
表皮には
●紫外線を防ぐ
●身体の保護
●水分の保持
●病原菌などから防ぐ
などの働きがあります。

表皮のバリア機能

表皮のバリア機能については、このような構造になっています。

皮膚水分保持の健全な肌は「紫外線」「温熱」「刺激」「雨」「風」「微生物」「アレルゲン刺激」
などから守ってくれるというわけです。


画像:エイジングケアアカデミー より

肌表面とpH値の関係

肌表面とpH値の関係によるデータです。

■pH0-3
【酸性】
古くなった皮脂や汚れは酸性

■pH3-8
【健康な皮膚表面のpH】(弱酸性-中世)
汗と皮脂が混ざり合った皮脂膜が天然クリームとして弱酸性に保つ

■pH8-11
【弱アルカリ性】
油分の不足した敏感肌・乾燥肌はアルカリ性に傾きがち

■pH11-14
【アルカリ性】

表皮は、スキンケア、エイジングケアの基本として「保湿」「紫外線対策」「清潔」
この3要素をすべてカバーしてくれているのです。

広告



style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5048824580633940"
data-ad-slot="9649386442">

-エイジングケア
-

Copyright© まんがネタバレNAVI , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.