講演依頼の講演料金は?講師料が表に出ない理由

講演依頼の講演料金は?講師料が表に出ない理由

講演依頼ネット見出し

スポンサーリンク

■講演料金(講師料)が表に出ない理由

「講演料金」「講演料」「講師料」・・・など様々な呼び方がありますが、講演会の企画して講演依頼をした時にかかる料金のことです。
この料金、実際にお金を支払うユーザー(主催者)の立場で言えば、非常に気になる所です。
ですが、この講演料金については「明確な金額」というものはあまり表に出ていません。
個人で依頼を受けているような講演講師の方は講演料金を明示しているかもしれませんが、例えば「講演依頼サイト」などではあくまで目安のみで、「○○は10万円」などとは書かれていません。
なぜ、講演料金が表示できないのでしょうか?
まずは当たり前ですが「条件によって変わる」からです。

①依頼者(主催者)の条件

⇒法人、個人、自治体など
⇒講演会に来るお客様の数、規模
・・・あるセミナーで「お客様が100名以上だと1.5倍」という情報もありました。
⇒講演会、セミナー、イベントなどの種類
・・・例えば、ゴルゴ松本さんが少年院での講演をボランティア(無料)で行っていたように、主催者や講演会の趣旨が違えば請求する報酬も変わると思います。その他、無料で講演会をして何か商品やサービスの宣伝をする、という場合もあります。

②講演会の時間

・・・基本的には長いほうが講演料は高くなると思いますが、講師側のやりやすい時間かどうか、という問題もあると思います。また「質問大会」のような、時間調整のきくイベントを行える講師かどうかもありますね。

③講演会を行う場所(交通費)

・・・こちらはそのまま講師の住まいからかかる交通費です。しかし同じ地域で他の仕事があるとか、講師の個人差もあると思います。

④宿泊費用

・・・開催時間と場所の問題で、講師が日帰りできないとなれば宿泊費も必要です。
こちらも宿泊のあてがあるなど、講師によります。

⑤講師の知名度や状況による

・・・とくに芸能人や有名人は浮き沈みの激しい職業です。「売れているかどうか」によってギャラも大きく変わりますし、スケジュールも押さえずらくなります。
当然、旬のタレントさん、良い成績を残したスポーツ選手、賞を受賞した文化人、などはニーズが高くなりそれだけ講演料金も高くなります。またスケジュールが抑えにくいことからの講演料の上昇もあるかもしれません。

講演依頼サイトの目安

▼株式会社タイム「スピーカーズ.jp」

「株式会社タイム「スピーカーズ.jp」の場合の料金別区分は・・・

●30万円以下
●31万~60万円まで
●61万円~100万円まで
●100万円以上
運営するサイト「【講演依頼】「講演料の目安」編|講演会を成功させる6つの法則」より。

講演依頼サービスの中でも老舗の「講演依頼.com」

講演依頼サービスの中でも老舗の「講演依頼.com」の各講師の講演料区分は・・・

●講演料10万円以下
●講演料11万円から20万円
●講演料21万円から30万円
●講演料31万円から40万円
●講演料41万円から50万円
●講演料51万円以上

「講演料金別人気講師」より。

▼株式会社DMM.comの「DMM講演依頼」での講演料区分は・・・

株式会社DMM.comの「DMM講演依頼」での講演料区分は・・・

●講演料30万円未満
●講演料30万から60万未満
●講演料60万から100万未満
●講演料100万以上
「DMM講演依頼」の「講師を探す」⇒「予算」で検索

このように、有名人を扱っている講演依頼サイトでは最安値が「10万円以下」となっています。
有名人ではなく個人でやっている公演講師ですと、ネットを見る限りでは5万円くらいのようです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク