【講演依頼コラム】顔がコンプレックスで無職ひきこもり46歳男性の講演会その2「講演会も他力本願ではいけない」

目次

講演依頼コラム】顔がコンプレックスで無職ひきこもり46歳男性の講演会その2「講演会も他力本願ではいけない」

の続きです。

2008年に起きた「秋葉原連続殺傷事件」の犯人が自らの容姿を「ブサイク」と呼んだ事を受け、「非モテ」の私は某雑誌の仕事で取材を行いました。
そして2人の男性に講演依頼をし、講演を聞きました。
今回は実際に顔にコンプレックスを持っていたり、就職ができずに苦しい人生を送っている男性の2人目のレポートをご紹介します。

スポンサーリンク

46歳Bさんの講演

■名前:Bさん
■年齢:46歳
■職業:作家(無職)
家族:母、弟と同居。
■彼女:なし

写真:講演依頼を受けてくれたBさん

質問:加藤容疑者(当時)の「ブサイクに人権はない」という意味の言葉に共感しますか?

「秋葉原連続殺傷事件」について聞いてみました。

【Bさん】
彼の中に自分の容姿へのコンプレックス(ブサイク)があり、それがためにモテなかった気持ちに多少なりとも共感しています。
私も自分の顔は醜いと強く思い込んでいました。異性にモテない原因もそこにあると・・。実際は「違う」と気づくわけですが、それまでに時間がかかりました。

質問:加藤容疑者(当時)に対しての意見、コメントを。

【Bさん】
“自分はブサイクだからモテない”その気持ちは恋人のできない男性(女性)の共通のものだと思います。
彼はそんな気持ちを代弁したと捉えています。やった事は罪です。許されません。ですが、まったく恋人を持てず苦しんでいる人はいます。俺も含めて、彼ら彼女らは孤独の痛みに耐え続けています。その「事実」を世の中の恋人のいる人たちに知らしめる意味では意義があると思います。

質問:加藤容疑者(当時)はブサイクだと思いますか?

【Bさん】
新聞の顔写真をチラッと見ただけなので、よくわかりませんが、ブサイクという印象はありません。
その4につづく

質問:本を出版されたそうですが、反響などはありましたか?

世の中や人生について聞いてみました。

【Bさん】
2008年の1月に、「ニート」「引きこもり」「精神病」などの事を含めた自分半生を書いた本を出版しました。
小説を書く学校に通って書きました。
今のところ売り上げはまだまだなのですが、感想のお手紙をいくつかいただきました。男性からがほとんどで、「勇気づけられた」「励まされた」という内容でした。
この本の出版で、自分に自信が出ました。

質問:「男性からがほとんど」という事は、女性からも来たのですか?

【Bさん】
少しですが来ました。でも感想を書いてあるだけで、それ以上の事はありません。

質問:本を出されて、今は充実していますか?

【Bさん】
まあ、昔よりは・・。

質問:イケメンに勝つために努力したことはありますか?

【Bさん】
いいえ。

質問:逆に「ブサイク」でも成功している人は自分と何が違うと思いますか?

【Bさん】
経済力だと思います。金があれば大抵のことは上手くいきます。

質問:「ブサイク」の成功者といえば誰を思い浮かべますか?

【Bさん】
ホリエモン。やはり、金ですね。たいした奴じゃないですからね。

質問:ブサイクが特に生き辛くなったのは、いつ頃からだと思いますか?

【Bさん】
いつごろかはわかりません。ずっとだと思います。

質問:「ブサイクに見えない」とか「普通」とか言われたことはありますか?言われた【Bさん】場合、どんな気持ちですか?

【Bさん】
「普通」はあります。「笑顔が可愛い」とも言われました。言われたときは恥ずかしかったです。あと、「わかってないな」と思います。

質問:イケメン男性に対して言いたいことは?

【Bさん】
イケメン男性には特にありません。それよりも、女性に「心を磨け」と言いたいです。ブサイク男性への思いやりや痛みを理解でき、優しい心を持つことです。これは誰にも言いたいです。
今の世の中、「イケメンを売り物」にしています。これはTVが悪くしています。そのせいで映画も悪くなっています。TVドラマはレベルが低い。
世の中は「イケメン、顔さえよければいい」という風潮。あとは金があれば。
俺みたいに、例えば精神障害があっても、中身がある男もいるかもしれない。女性には、「中身に目を向けろ」と言いたい。日本全体が、上っ面しか見ていない。

質問:世の中に出て行きたいと考えてますか?

【Bさん】
はい。俺みたいな人間が出ていかなかったら、「ニート」「引きこもり」「精神病」の人間は救いが無いじゃないですか。
「ニート」「引きこもり」「精神病」でも、生きているんだぞっていう、世の中に対する復讐ですよ。
底辺の人間がいるんだ。「上には上」がいるかもしれないけど、「下には下がいるんだ!」と言いたい。
おそらく、加藤容疑者は何もしなかったら、誰からも注目されなかったでしょう。しかし、今回皮肉にも犯行によって注目されてしまった。
「とどまる事が出来るか、行ってしまうか」だと思います。彼は行ってしまった。
俺は本を出す事で、とどまる事が出来た。
やっとこれで、1からのスタートを切ることができる。今までは、0からのスタートだった。

質問:夢は?

【Bさん】
作家として自立したい。今は家族と住んでニートだからね。
イベントや講演会も、呼ばれたら行くという他力本願ではいけないと思う。いずれは自分から動き出そうと思う。

感想

傍から見ると、決して幸福で無いように見える人でも、そのひとなりに苦しんだ末に希望も持ち生きているのです。ですが、「ごく普通の人」への、口では言えない様な感情、怒りなども持ち合わせながら生きているのです。

「結婚」関連の講演依頼

「結婚」がテーマの講演講師への講演依頼はこちら!

講演依頼講師:植草美幸(うえくさみゆき)
肩書き:東京・青山「植草美幸の結婚相談所marryme(マリーミー)」代表/
「株式会社エムエスピー」代表取締役
講演依頼テーマ:「植草美幸式婚活テクニック~一から学ぶ婚活学~」
「会社経営20年を通した学んだ事~社会に通用する人間力とは~」など
講演依頼講師:大木隆太郎(おおきりゅうたろう)
肩書き:恋愛起業家
講演依頼テーマ:「婚活最前線!アラサー女子のホンネとは!」

講演依頼のスピーカーズ.jpより)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク