講演依頼の講演料金徹底比較!株式会社タイム(Speakers.jp)

株式会社タイム(Speakers.jp)

株式会社タイム(Speakers.jp)

講演依頼の講演料金徹底比較!株式会社タイム(Speakers.jp)

スポンサーリンク

株式会社タイム

株式会社タイム(Speakers.jp)https://www.speakers.jp/
まずは株式会社タイムの運営するサイト「講演依頼】「講演料の目安」編|講演会を成功させる6つの法則」より。http://www.kouen-knowhow.thyme.jp/fee.html
ここに「講演料の目安」がありました。
まず、講演会にかかる費用は「講演料」「交通費」「会場費」「宣伝費」の4つがあるとあります。
たしかにそうですね。「講演料金=出演者への報酬」と考えがちですが、その他にも発生する費用があります。
つまり講演会の主催者側の条件によっても講演の費用は大きく変わってくるという事です。

さて、講師の講演料の相場ですが、このサイトには料金別に区分されています。

●講演料30万円以下

「30万円以下」の一例として、
教育評論家の親野智可等氏、
(株)大沢商会グループ取締役の徳光次郎氏
が挙げられています。
一番低い講演料ですので、知名度が比較的高くない講師がいる訳ですが、それぞれの専門分いぇで高い知識や実績がある、講演依頼しやすい講師が揃っています。

●講演料31万~60万円まで

「31万~60万円」の一例として、
中部大学教授の武田邦彦氏、
スポーツキャスターの宮下純一氏
が挙げられています。
TVやラジオなどの媒体でよく知られている講師になります。
しかしながら、割とリーズナブルな講演料金なのではないでしょうか。

講演料61万円~100万円まで

「61万円~100万円」の一例として、
タレントの島田洋七氏、
大阪綜合研究所代表の辛坊治郎氏
が挙げられています。
知識や実績だけでなく、知名度も兼ね備えた、誰もが知る有名人の講師が揃っています。
講演料は比較的高めの設定ですが、充実した講演会になるのではないでしょうか。

講演料100万円以上

「100万円以上」の一例として、
元プロテニスプレイヤーの杉山愛氏、
スポーツコメンテーター・古田敦也
最高レベルの講演料の講師には、トップアスリートや、講演会が人気の有名人がいます。
それぞれの分野でトップの講師ですので、多くのお客様を集めることが可能でしょう。

このサイトではこのような価格設定と一例になっていますが、講師(有名人)の人気やブームなどにより講演料は変わってするでしょう。まずは問合せして講演料の確認をしてみましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク